マイセンのフィギュアの鑑定額|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

マイセンのフィギュアの鑑定額

マイセンはヨーロッパで初めて磁器製造に成功したブランドです。17世紀まで東洋の磁器の美しい肌は、ヨーロッパの王侯貴族の憧れでした。ポーランド王のアウグスト1世より、東洋の磁器に匹敵するような白磁作りを厳命された錬金術師のベッドガーは、1709年に待望の磁器製造に成功。1710年にはエルベ川のほとりのマイセン市に王立磁器製造工場が完成、ここにマイセンの歴史がはじまったのです。現在のマイセンは、過去の遺産である原型や資料を保管・伝承し、技術を守りつつ、歴史ある古典磁器を完全に再現しています。また、今を感じさせる新しいシリーズの創作にも取り組み、高い評価を得ています。
マイセン磁器は、東洋の磁器を参考に、幽閉された錬金術師が製法を開発した、ドイツの磁器です。およそ300年前に作られたマイセンの人形は、現在、数十万円~数百万円の価値があります。現在、マイセン人形を手に入れるためには、オークションや骨董ショー、町のアンティークショップで手に入れることができます。マイセン人形は、1980年頃はアメリカの富裕層が購入していましたが、日本がバブルの時代には、日本人も大量にマイセンの磁器を購入したため、現在、マイセンは非常に高価に取引されています。ただし、日本人の英語力の拙さのため、日本人が購入したマイセンの磁器の多くは、2級品や級外品が多く、本当に価値のあるマイセンは少ないです。マイセン 買取
また、ヤフーオークションでも、マイセンの人形は多く出回っていますが、購入者と同じく出品者もマイセンに関する専門知識が不足しているため、本当に価値ある1級品を手に入れるのは困難です。マイセン人形の1級品は、ベースの裏に刻印がされています。また、マイセン人形の作成された時期により、その刻印の仕方が若干異なります。また、そのマークの特徴により、上絵付けがマイセンでされたかどうかも、見極めることができます。マイセン人形は、古さ、完成度、表情、絵付けの特徴によっても、価格が大きくことなってきます。そのため、本物の1級品のマイセン人形を見極めるのは、プロのアンティークの古物商でも困難と言われています。
  • 貴公子マイセン
    貴公子
  • ガーデナーの女性マイセン
    ガーデナーの女性
  • 鰐に乗る白人マイセン
    鰐に乗る白人
2013年3月12日放送|開運 なんでも鑑定団 「IN 福岡県北九州市」
マイセンのフィギュア
●マイセンのフィギュア
●鑑定士(阿藤芳樹)の出した金額:\1,200,000
【鑑定士総評】
19世紀半ばごろに作られたもの。18世紀後期の有名な造型師であるアシェットとシェーンハイトが作った作品をもとにしている。服にレース模様がしっかり残っているが、これは実際のレースに土をはりつけて焼く。真っ白なマイセンは大変珍しいが、未完成品というわけではない。裏の銘のとなりに小さな線が入っているが、それが絵付けをせずに白いまま出荷した品の印。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|