ベルナール・ビュッフェの版画の価値|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ベルナール・ビュッフェの版画の価値

ベルナールビュッフェの版画は、今なお全世界の収集家が欲する作品ですので買取り金額も高くなる傾向があります。ビュッフェとは1950年代にはもう、フランス一の人気画家となり「一筆でカボチャがロールス・ロイスに変わった」といわれるくらい、作品は飛ぶように売れた作家さんです。しかし、その一方で「看板絵かき」「壁を飾る単なる商品」と嘲笑されもした。絶賛の嵐と酷評の渦に揉まれながら、それでもビュッフェは描いて、描いて、描きまくる。ある時はパリで、またある時は田舎の牧場や豪壮なシャトーにこもりながら、左手にタバコ、右手に絵筆のいつものスタイルで、カンヴァスに向かいつづけました。
○ベルナール・ビュフェ(Bernard Buffet)の略歴情報
ベルナール・ビュフェ(Bernard Buffet、1928年7月10日 - 1999年10月4日)はフランスの画家である。第二次世界大戦後の具象絵画の代表的な画家である。1928年パリ生まれ。多忙の工場経営者の父のもとに生まれ、父親との関係は希薄であった。心の支えであった母を10代で亡くし、ひとりキャンバスに向かうことが多かった。1943年、パリ国立高等芸術学校に入学。1948年、パリで最も権威のある新人賞・批評家賞を受賞。この頃から天才画家として有名であった。
硬質で鋭く太い針金のような輪郭線、モノトーンに近い色彩を特色とする独自の様式を築き、その画面には人物の不安げな表情などとあいまって第二次大戦後の作者の不安で荒涼とした心象風景が表されている。女性像のモデルは多くの場合、妻のアナベルである。油彩画のみならず、優れた版画も多く制作している。1971年、レジオン・ドヌール勲章を受章。1974年、アカデミー・フランセーズ会員となる。最愛の妻アナベラと生涯を添い遂げる間も彼の孤独が癒えることはなかった。晩年にはパーキンソン病を患い、71歳で自らの命を絶った。
ベルナールはあまりにも早い時期に名声を得すぎたためか、後年の作品にはややマンネリ化の傾向が指摘されるなど厳しい見方もある。日本には早くから紹介され、静岡県長泉町には彼の作品のみを収蔵・展示するベルナール・ビュフェ美術館が1973年開館した。
ベルナール・ビュッフェの版画(リトグラフ)をお持ちであるならば、多くの買取会社にまずは査定を依頼するのが良いでしょう。時期や作品や買取会社のネットワークにもよりますが希少価値の高い作品をお持ちの場合は自身の購入金額を超えるケースも少なくないでしょう。ビュッフェ 査定
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|