バーナード・リーチの皿|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

バーナード・リーチの皿

1911年、リーチは日本で偶然に体験した楽焼の絵付けの面白さに心を奪われ、陶芸家としての道を歩み始めました。その後、富本憲吉(1886-1963)とともに六世・尾形乾山(1851-1923)のもとでやきものの技術を学び、やがてリーチはうつわにその画才を存分に振るうことになります。
鳥やうさぎ、かえるから、空想上の動物・グリフィンまで、バーナード・リーチ(1887-1979)の作品には実にさまざまな生き物が見られます。彫絵、色絵、掻落(かきおとし)など、多用な技法でうつわに描かれ、なかでも動物は多くのバリエーションが生み出されました。
民藝運動の提唱者である柳宗悦(1889-1961)は、リーチの優れた陶工としての顕著な資格のひとつに「絵が描けること」を挙げています。その指摘の通り、リーチは早期のうちから確かな画力を身につけ、秀逸なドローイングやエッチングを残しています。
リーチは自然を深く愛し、周囲の情景を常に観察しスケッチしていました。一方では東西の古作の研究にも熱心に取組みました。現実の動物から着想を得たもの、伝統的図柄に学んだものなど、うつわに描かれた動物たちは、いずれも生を得たように活き活きとしたリーチらしい生き物の姿となり、おおらかで柔和な素地にのびのびと自由に跳躍しています。バーナード・リーチ 買取
  • 小鹿田窯兎文鉢バーナード・リーチ
    小鹿田窯兎文鉢
  • 小鹿田窯刷毛目鉢バーナード・リーチ
    小鹿田窯刷毛目鉢
  • 小鹿田窯草文花瓶バーナード・リーチ
    小鹿田窯草文花瓶
2010年9月28日放送|開運 なんでも鑑定団「in 千葉県我孫子市」
バーナード・リーチの皿
●バーナード・リーチの皿
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\500,000
【鑑定士総評】
リーチは英国の陶芸家、バーナード・リーチ。日本の民芸運動に関わったことで知られる。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|