ドームのアンティークランプの作品|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ドームのアンティークランプの作品

私はランプのガラス部分は勿論ですが、台にもとっても、こだわりがあって、あと何個かありますが とりあえずちょっと変わったものをお目にかけました。1948年新潟生まれ。中学卒業と同時に住み込みで理容師になり20歳で上京。理容師と居酒屋のアルバイトを掛け持ちしてお金を貯め、エステティック技術を学ぶためにパリへ留学。帰国後、30歳で念願のサロンを開店。日本エステ業界の草分けとなった。お宝は骨董好きのたかのさんがパリも骨董市で購入した物。骨董 買取
ガラス工芸メーカーのオーナー一族として「ドーム兄弟」の呼称が定着しており、工房名にもDaum Freresを付していたので、通商「ドーム兄弟」と言う。
エミール・ガレとともにナンシー派を代表するガラス芸術の担い手となったドーム兄弟は、フランス東部アルザス地方に生まれます。1871年、普仏戦争での敗北により故郷がドイツの手に渡ると、一家でナンシーへ移住しました。
はじめは食器や花瓶など日用品としてのガラスを生産していましたが、1889年のパリ万博で、エミール・ガレの芸術性豊かなガラスが高く評価されたのを見て、美術工芸品としてのガラス作りをスタートさせます。 初期の作品にはエナメル彩色による絵付けが多く、1910年前後から色ガラスの粉をまぶしつける技法「ヴィトリフィカシオン」を多用して、色彩が複雑に混ざり合う重厚な色調の作品を製造した。
また工芸デザイナーのルイ・マジョレル(1859~1926)にデザインを依頼した金具を装着したガラス作品もある。ドーム兄弟に特徴的な技法としてはアンテルカレール、ヴィトリフィカシオンなどがある。アンテルカレールは、ガラス素地に絵模様を描いて、さらにガラスをかぶせる技術で模様に奥行きが出る。この技法はドーム兄弟が1899年に特許を取得した。
ヴィトリフィカシオンは粉末状にした色ガラスをまぶして再加熱し、素地になじませるもので、ガラスの肌に多くの色を発色させることができる。 ドーム社の作品は、仕上げの丁寧さに定評があり、塩入れのような小品にも繊細な絵付けが施されています。
ガレとドームの違いは、ガレが彼の個人的才能による製作を中心としているのに対して、ドームは外からもデザイナーや画家を迎え共同製作でした。ワルター、マジョレルもドームの工房に参加しています。 ドームは写実的で静かな風景、植物を描いた作品です。ガレは幻想的で大胆な図柄の作品を制作しました。ドーム作品はコチラよりご確認下さい。
  • 夏景色文花瓶ドーム
    夏景色文花瓶
  • 花文花瓶ドーム
    花文花瓶
  • 冬景色文花瓶ドーム
    冬景色文花瓶
2013年8月6日放送|開運 なんでも鑑定団
ドームのアンティークランプ
●ドームのアンティークランプ
●鑑定士(阿藤芳樹)の出した金額:\450,000
【鑑定士総評】
ランプの傘はドームのオリジナルで1900年頃の物だが、ブロンズの部分は新しい物で、フランスのモーリス・ブーバルという彫刻家の作品を原型としている。ブーバル自身は1916年に亡くなっているが、その何十年か後に型抜きされたものだろう。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|