ディズニーの原画74点の価値|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ディズニーの原画74点の価値

ディズニー原画と言われて殆どの方は、ディズニーショップ等で販売されていますLimited Editionやセリグラフセル(何千枚も印刷されたセル)のことを言われると思いますが、これら復刻版、セリグラフセルは美術的には全く認知されていません。 即ち、転売することが出来ない単なる、趣味の世界になっているのです。
『そんなことはない、立派なアートだ!』と言われる方は、転売価値が幾らあるか。そして幾らで転売できるのかを購入されたところで聞かれることです。 まず、このように言われるはずです。 『申し訳ありません。買取は行っておりません』と。世界に何百枚、何千枚とある復刻版、セリグラフセルは買ったら最後、まず売れません。誰も欲しがらないのです。
では、『全ての復刻版が本当に価値はないのか?』と言われますと必ずしもそうではありません。僅かながら価値ある復刻版はあるのです。それは【蒸気船ウイリー】の第一回復刻版です。 この第1回復刻版はいまや入手が出来ない状態になっており市場では物凄いプレミアムがついており、当初販売されました価格の2倍以上でも買い手がいます。
ところが第2回復刻版は違います。価値が出ないのです。転売しようにも買い手がいないのです。 コレクターは第1回目を欲しがります。二番煎じでは駄目なのです。 このような一部例外はありますが、ほぼ100%復刻版には転売価値はないと見て間違いないのです。では本当に価値のあるセル画は?ディズニー 買取
となりますと、唯一価値のあるのは原画なのです。実際の映画制作に使われたセル原画ならどのようなものでも価値があります。 特に、映画制作で使われた背景画がついています作品(オリジナル作品)で、イメージが良い作品ならどのような状況でも買い手がつきます。短期間で売り買いをすれば損をするかもしれませんが、全く売れないということはありません。
むしろ長期的には値上がりするほうが多いのです。 ディズニー原画は新規供給が全くないために、コレクターが増えれば増えるほど、市場から作品が消えていきそして価値は高まります。日ごろ楽しみながらそして長期的には損をしない。 これがディズニーアートの本当の姿・魅力なのです。
  • The Disney Decade 1940`Sウォルト・ディズニー
    The Disney Decade 1940`S
  • プーさんのきらきら星ウォルト・ディズニー
    プーさんのきらきら星
  • ホールニューワールドウォルト・ディズニー
    ホールニューワールド
2010年6月1日放送|開運 なんでも鑑定団
東郷青児の油絵
●ディズニーの原画74点
●鑑定士(室井正人)の出した金額:\30,000,000
【鑑定士総評】
最も高いのがファンタジアのコンセプトドローイング2枚で300万円。これは映画作りの最初の段階でインスピレーションをスケッチしたもので、紙を3枚張り合わせて非常に横長の絵になっているのが珍しい。番号が振られているのはストーリーボードといって、大きなボードに番号順に貼り付けて、スタッフを集めて映画の構成を話し合うのに使われたもの。ドローイングはセル画を乗せて写して、そのままアニメになる絵。ゼペット爺さんとピノキオのドローイングは80万円。猫のフィガロ・ファンタジアのダチョウのドローイングには色がつけられており、希少性が高く50万円。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|