ガレの花瓶|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ガレの花瓶

1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。
89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。
黄色っぽい白色の上に、青と緑そして黒っぽい色を重ねる。それを彫り込むことで立体的な表現をしている。色数が4層になっておりより高い技術を必要とする。
1910年頃に作られたガレの花瓶。ガレの工房はフランスのナンシーにあったが、この花瓶に描かれている風景はナンシー郊外のヴォージュ山脈。ガレ 買取
大学在学中の2000年に結成。つっこみの神田さんの実姉は神田うの。 昨年、「THE MANZAI2012」で見事優勝を果した。
  • チューリップ型花瓶エミール ガレ
    チューリップ型花瓶
  • 菊文花瓶エミール ガレ
    菊文花瓶
  • 湖水風景文花瓶エミール ガレ
    湖水風景文花瓶
2013年2月26日放送|開運 なんでも鑑定団
ガレの花瓶
●ガレの花瓶
●鑑定士(阿藤芳樹)の出した金額:\3,500,000
【鑑定士総評】
ガレの作品には芸術品として作られた物(アーティスティックピース)と一般販売用に作られた物(コマーシャルピース)があるが、依頼品はコマーシャルピースの中でもトップレベルの作品。作られたのは1910年頃。ガレの工房はフランスのナンシーという場所にあったが、依頼品に描かれているのもナンシー郊外のヴォージュ山脈。白に黄色が少し混ざったようなガラスの上に、ブルーとグリーン、そしてやや黒っぽい色のガラスを重ねて彫り込んでいったもの。色の層がもっと少ない作品もあるが、依頼品は4層になっているのがポイント。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|