片岡球子の富士山を描いた連作|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

片岡球子の富士山を描いた連作

1905年~2008年北海道札幌市に生まれる。1922年、札幌高等女学校卒業後、女子美術専門学校(現女子美術大学)日本画科高等科入学。1930年、第十七回院展で「枇杷(びわ)」が初入選。
飾り気のない筆致で人物画、風俗画に腕をふるったが、50歳前後から作風を変え、大胆な筆遣いと極彩色で山岳や人物を描く力強いスタイルを確立した。代表作は、武将や浮世絵師など男性の肖像を題材にした「面構(つらがまえ)」のシリーズ、富士山を描いた連作など。82年に日本芸術院会員となり、89年、文化勲章を受章した。
歴史上の人物を大胆に描いた「面構(つらがまえ)」シリーズや、「富士山」の作品で知られる片岡球子画伯による"めでたき富士"です。赤富士の周囲には松 竹梅が描き込まれ、背景の金色と相俟って華やかな雰囲気を作り上げています。片岡画伯が「再興第69回院展 全作品集」表紙のため、1984年に描き下ろ した作品です。片岡球子の情報はコチラよりご確認下さい。
  • 富士片岡球子
    富士
  • めでたき富士 大観山の富士片岡球子
    めでたき富士 大観山の富士
  • ゆたかなる富士片岡球子
    ゆたかなる富士
2013年1月22日放送 |開運 なんでも鑑定団「IN 愛知県刈谷市」
片岡球子 作 「富士」
●片岡球子 作 「富士」
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\6,000,000
【鑑定士総評】
依頼品のような重厚な富士の連作で知られる巨匠で現在でも人気が高い。依頼品はよく見ると一部キャンパス地が見えている。これは岩絵具をボンドで定着させているためで、非常に力強い造形力といえる。山麓の手前から富士山に向かって引きずり込むような表現、そして雲のダイナミックな動き。富士の猛々しさが伝わってくる。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|