制作ざんまいの日々を過ごした作家|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

制作ざんまいの日々を過ごした作家

梅の花の咲くおっとりと鄙びた山あいの町や村を過ぎて進むと、御岳(みたけ)山の上り口近くに玉堂(ぎょくどう)美術館があった。そうそうと流れる多摩川の源流をはさんで青梅街道と吉野街道が平行して走っていて、美術館正面は吉野街道ぞい。
打ち重なる山々を眺めながら渓流にそって歩き吊り橋を渡ると、そこが青梅街道ぎわの御岳駅という雄大なロケーションである。美術館は築地塀にかこまれた堂々たるたたずまいだ。
建築も庭園も、文化勲章受賞の建築家吉田五十八の手になるもので、皇太后(当時の皇后陛下)をはじめ、全国の玉堂ファンの寄付によって竣工したという。1961年(昭和三十六)、玉堂没後四年目のことであった。
中へ入ると、まず右手の壁面いっぱいに六曲一双の「紅白梅屏風」。右双に白梅の古木を、左双にそれよりやや細目に紅梅のリズミカルな枝を描いた絢爛たる金屏風だが、すがすがしく晴れやかな空間のどこかに一抹の憂いを感じるのは私だけだろうか。
左手は、このあたりの風景を描いたと思われる「渓村春色」や「春流」など早春の風景が、うっすらとした春色に並んでいる。つきあたりは「春宵」と題された双幅の軸。薄暮のなかに春の月の浮かぶ一幅と、桜の枝の一幅の、一切の無駄を排したこれまた神韻縹渺(ひょうびょう)たる世界であった。
陳列室を出て、枯山水の庭を眺めながらそこにも作品の陳列された渡り廊下をゆくと、突き当たりが画家の画室。生前のものを移築したものだろうか、その整然たるたたずまいと帚目も清々しい白砂の庭がいかにも調和を保って美しい。
岸辺の桜や楓が塀越しに見え、耳をすますと、微かな川音はここまで聞こえた。花や紅葉の季節はどんなに見事だろう。川合玉堂は1936年(明治六)愛知県葉栗郡外割田村の生まれだ。その地の豪族で由諸ある家柄の出の父川合勘七と、尾州藩明倫堂の監学佐枝市郎右衛門の三女であった母かな女の、遅くなってできた一人っ子として裕福ななかにも折り目正しい少年時代を過ごした。
病弱で繊細な少年は早くから画才をあらわすが、十八歳で父を、20歳で母を、さらにその二年後には親身になってなにくれとなく面倒を見てくれた師、幸野楳嶺をあいついで亡くしてしまう。父母なく師なく、母の生存中から経済的な基盤も失って丸裸になってしまった青年は、くじけそうな心にむち打ってただ一心に絵画の道に励んだのだったろう。
凛として気高いその作品のなかに憂愁の影を見るとしたら、それは意識するとしないにかかわらず、若くして愛するものを失った悲しみからであろうか。ここ奥多摩の地に居を構えたのは、六十七歳で文化勲章を受賞した四年後のこと。
時代の波に置き忘れられたような山あいの村で、散歩とスケッチを日課としつつ、制作ざんまいの日々を過ごした。亡くなる年まで絵筆を放すことがなかったという。自然ととけあって生き、自然に帰るような死であったのだろう。享年八十四歳。
私はまたしても、志半ばで倒れた友を思った。1年以上も歩行を奪われてベッドに伏し、苦しみのなかに呼吸すらままならず、しかし意識だけは鮮明に保ち続けて彼は死んだ。帰路、青梅街道をさらに登ってゆくと奥多摩湖に出た。山の湖は、青い空や木々の影を映して静まりかえっていた。川合玉堂「渓村春色」の作品情報はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|