独特の女性像で知られる東郷作品|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

独特の女性像で知られる東郷作品

独特の女性像で知られる東郷作品は、優れた技術に支えられ、極めて洗練された感覚と美意識をもって描かれています。東郷は、誰にでも理解でき、親しめる芸術を標榜しました。独自性と大衆的人気においては、我国でも稀な画家といえましょう。
優美でロマンチックな画風は、女性礼讃芸術と評されました。当館では、1914年17歳の時の「自画像」から、当時最も前衛的であった1915年初個展の出品作「コントラバスを弾く」、キュビスムの影響を受けた滞欧作「村の祭」(1923年)
シュールレアリスムの影響からの「超現実派の散歩」(1929年)を初め、東郷様式の円熟を示す「望郷」(1959年)や、晩年のサハラ砂漠への憧憬を秘めた「タッシリ」(1974年)、最後の二科展出品作品「リオ・デ・ジャネイロ」(1977年)に至るまでの油彩70点を含む、素描・版画・彫刻・タピスリーなど約 200点の東郷作品を収蔵しています。
東郷青児と言えば、儚げでロマンティックな美人画をまず思い浮かべるのではないでしょうか。しかし彼が24歳でフランス留学し、帰国してからの数年はシュルレアリスティックな作風の『超現実派の散歩』なども残しています。
今年9月に名称を変更した東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、新しいロゴマークにもなったこの作品と作風の変遷をたどった展覧会『東郷青児〈超現実派の散歩〉と収蔵品選』を、12月25日まで開催していました。
初期の前衛的な作品から戦後の代表作である『望郷』までの約40点と同時代の作家の作品約30点、ほかにも損保ジャパン日本興亜コレクションであるルノワール『帽子の娘』、ゴーギャンの『アリスカンの並木路、アルル』、セザンヌの『りんごとナプキン』
そしてもちろん、ゴッホの『ひまわり』も見ることができます。1年で最も街が華やぐこの季節に、豪華なラインナップの美術鑑賞はいかがでしょうか。東郷青児「婦人像」の作品情報はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|