東郷青児 あこがれ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

東郷青児 あこがれ

東郷青児と言えば、儚げでロマンティックな美人画をまず思い浮かべるのではないでしょうか。しかし彼が24歳でフランス留学し、帰国してからの数年はシュルレアリスティックな作風の『超現実派の散歩』なども残しています。
今年9月に名称を変更した東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、新しいロゴマークにもなったこの作品と作風の変遷をたどった展覧会『東郷青児〈超現実派の散歩〉と収蔵品選』を、12月25日まで開催しています。
初期の前衛的な作品から戦後の代表作である『望郷』までの約40点と同時代の作家の作品約30点、ほかにも損保ジャパン日本興亜コレクションであるルノワール『帽子の娘』、ゴーギャンの『アリスカンの並木路、アルル』、セザンヌの『りんごとナプキン』、そしてもちろん、ゴッホの『ひまわり』も見ることができます。1年で最も街が華やぐこの季節に、豪華なラインナップの美術鑑賞はいかがでしょうか。
画家の東郷青児、編集者の北原武夫などと、恋愛や結婚、離婚を繰り返したことでも知られる。また、着物デザイナーでもあり、実業家としての顔も持ち合わせていた。小説家としては寡作だったがエッセーなどを数多く残し、98歳で亡くなるまで、その人生はエネルギーに満ちていた。東郷青児「あこがれ」の作品情報はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|