絹谷幸二 想|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

絹谷幸二 想

群れない生き方をされている日本を代表する洋画家・絹谷幸二氏のエッセイをUPさせて頂きます。個性捻出と孤独がつきまとう画家にとって、「その他大勢」から抜け出すための方法とは何か?「常識人間」を捨てる以下のような44の法則が記されています。
・絵描きが教える「仕事」の作法
・楽しくて、楽しくてしょうがない「生き方」
・意外な「発想」を持たないと、価値は生まれない
・あなたの人生の「邪魔者」を退治しよう
・興奮と喜びに満ちた毎日を送る方法
あなたらしい人生を築くための一助になると思われますので、いくつかの記事をUPさせて頂きます。 これはと思われたなら、ぜひ本書を手に取って見て下さい。
人は強く褒められたり、成功したり、はたまた受賞などをすると、とにかくうれしくなり、そして励みになる。これをよい機会として、仕事や日々の生活に精を出すわけだ。テンポも能率も、けなされたときよりはかどるし、自身の鼻も高くなろうかと いうものだ。
しかし時間と共に、いつしかマンネリに陥り、褒められたときのセンテンスと時代が微妙に異なってきたりもする。が、一度味わった美酒に酔いしれてしまい、そのとき受けた感触が忘れられず、無意味な執着をしてしまう。
そうして「努力せずともよかった頃の居心地のよさ」に浸り切っていると、予期しない新人類が現れ、足をすく われることになる。
  このように、以前とった杵柄にすがり、うかうかとしていると、個人はおろか社会や国家までもが、よかったときの模写体質となり、新しい発見も、試みも、進取の気性もなくなり、感性もちぢこまって、枯れ木となってしまう。
  成功の賞味期限は大きいものでも3年と見切って、それまでのやり方を一度壊してみるということも必要だ。日々新しく脱皮してゆく気概は、物作りだけではなく、思想、信条、あらゆるものに求められている。
たとえ変える必要がなくても、ときには、「別人になり切って、自分の姿を客観的に見つめてみる」「成功した方法論を捨てて、正反対のことをやってみる」といった試みをやってみよう。絹谷幸二「想」の作品情報はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|