千住博 光|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

千住博 光

会期:2014年10月8日(水)~12月25日(木)軽井沢の自然と、それを受けたアートと建築による空間づくりをコンセプトとして活動を行ってまいりました。軽井沢の自然を形成する重要な要素の一つは森です。当展では、軽井沢千住博美術館の開館3周年を記念して、千住博氏に森をモチーフとした作品の制作を特別に依頼し、本年9月に完成した新作「光」を展示発表いたします。
「光(Lights)」2014年 雲肌麻紙 岩絵具 193.9×448.4cm作品「光」は、森をモチーフとして描かれたものですが、題名の「光」が示すように、画面には森を包み込むかのように金色の昼光が大きく広がっています。
また、画面の水平線あたりには、青白く光る夜光雲が描かれ、昼光と夜光が水面に反射し、森をその表面に映し出しています。地面付近には、夜空の星を思わせる蛍の光点が無数に広がっています。
千住博の絵はおおまかに、「ウォーターフォール」に代表される禅的なイメージの作品と、「海の幸・山の幸」に代表される審美的な作品に分類されます。
作家自身も滝と滝以外にモチーフを分けた2冊組の画集を出版していますが、このあまりに画風の異なる二つの作品世界を同時に描き続けていることが、千住博の特色のひとつと呼べるかもしれません。
この画風の秘密を探る試みとして、「山水画」、「花鳥画」の視点から、千住博の作品世界の意味について新しく読み解こうとするものです。千住博の作品情報はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|