十四代今泉今右衛門|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

十四代今泉今右衛門

今泉今右衛門さんは、江戸時代に佐賀・鍋島藩の御用窯「鍋島藩窯」の御用赤絵師を代々務めていた今泉家に次男として生まれた。鍋島藩窯では、民間の窯で焼かれていた「伊万里焼(古伊万里)」とは別に、販売を目的とせず将軍への献上や幕府の要人・大名への贈答品とされた「鍋島焼」をつくることが主な目的とされていた。
今右衛門さんは武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科を卒業した後、陶芸作家・鈴木治に師事。1990年以降は、父であり人間国宝に認定された十三代今泉今右衛門のもとで家業に従事し、色鍋島を中心とする色絵磁器の陶芸技術を習得した。
十四代 今泉今右衛門氏販売に専念するという兄の代わりに、2002年に十四代を襲名した後は、家伝の「色鍋島」の技法を中心としながら、江戸時代から鍋島焼に用いられている「墨はじき」という技法を発展させた当代オリジナルの「雪花(せっか)墨はじき」を駆使している。
「墨はじき」ではまず墨で文様を描き、その上を染付で塗る。その後、素焼の窯で焼くと墨が飛んで白抜きの文様が現われるというもの。古伊万里はほとんどが絵の具で線描きされているのに対し、手間のかかる墨はじきを使って背景のトーンを微妙に抑えるのは、敷島焼きだけが使う特徴だ。今泉今右衛門の詳細はコチラよりご確認下さい。
  • 色鍋島薔薇絵紅茶碗今泉今右衛門
    色鍋島薔薇絵紅茶碗
  • 錦地紋菊形高台皿今泉今右衛門
    錦地紋菊形高台皿
  • 色絵雪花墨色墨はじき梅文鉢今泉今右衛門
    色絵雪花墨色墨はじき梅文鉢
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|