小倉遊亀の日本画|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

小倉遊亀の日本画

1895(明治 28)年に滋賀県に生まれ、2000(平成 12)年に 105 歳で世を去った画家、小倉遊亀の画業や絵画買取を紹介するブログです。小倉遊亀は奈良女子高等師範学校(現在の奈良女子大学)を総代で卒業し、しばらく教師の職にありましたが、絵への情熱を捨てきれず、25 歳の時、安田靫彦に入門し日本画家への道を歩みはじめました。
27 歳で日本美術院試作展覧会に初入選、31歳で院展に初入選後は毎年入選を重ね、日本画家として着実に地歩を固めてゆきました。同時代の女性風俗、静物などを得意とし、女性ならではの細やかな観察眼と感性でとらえられたその世界は今なおみずみずしい輝きを放っています。
遊亀の作品はまた、簡潔で力強い造形、大胆にデフォルメされた形態による構成を特色とし、それにより対象の生命感、実在感が強く表現されています。画家の没後 10年にあたり、代表作を含め初期から最晩年までの作品約100点でその画業を回顧するものです。日本画壇の重鎮小倉遊亀が105歳で天寿を全うしてから10年がたつ。
1938年、43歳で「浴女その一」を発表し画壇に新風を吹き込んだ遊亀は、戦後も次々と意欲作を発表し日本画の新たな表現に果敢に挑戦していった。その画家が、70歳を過ぎてから盛んに取り組んでいったのが梅の作品だった。
禅の世界では、梅は寒さに耐えて春一番に花開くことから、厳しい修行に耐えて悟りに至る境地にたとえられている。「絵を描くことは坐禅(ざぜん)と同じ、対象に宿る美しさを発見するためには無心に物を見る態度を養わなければならない」と考えていた遊亀。
己の画業を「求道精進」と位置づけていた画家の庭には大好きな梅があった。70歳を過ぎてから遊亀は「人間は年老いて老醜のみじめさを味あわねばならないが、梅は年老いて美にますます深みを増す」という言葉を残している。
老いていく自分を鼓舞し、生きる勇気を与えてくれるのが梅の花だった。88歳の「つかのま」96歳の「咲きそろう」など年とともに遊亀の梅の作品は艶(つや)やかさを増していく。それは梅と同化し、自然と一体になっていく過程とも受け取れる。小倉遊亀の詳細はコチラよりご確認下さい。
  • 椿小倉遊亀
    椿
  • 梅小倉遊亀
  • 椿2001小倉遊亀
    椿2001
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|