中島千波画伯の芸術|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

中島千波画伯の芸術

ついに日本画を購入するまでに至りました。やはり1枚は日本画を持ちたいと思っていて、候補の筆頭に上げていたのがこの瀧櫻です。正直言ってこの絵を知るまでは中島千波という画家を知りませんでした。最初に名前を聞いたときは男か女かも分かりませんでした。
失礼な話ですねぇ・・。後で知ったんですが東京芸術大学の教授も務めているそうです。描かれているのは日本三大櫻の一つで国の指定天然記念物となっている「三春の瀧櫻」で、福島県田村郡三春町にある樹齢千年以上の紅枝垂櫻です。昭和62年に制作された「四曲半双屏風」を木版画として再現した物がこれです。
いろいろな櫻の絵を描いている中島千波ですが、一番気に入ったのがこの絵でした。技法もシルクスクリーンやリトグラフなど様々な物が販売されていますが、木版画というのがこの絵を手に入れる決め手となりました。
日本画の代表である浮世絵が木版画だからと拘ったわけでもないんですけどね・。部屋に飾っているだけで、1年中お花見をしてる様な気分になって楽しく過ごせる絵です。
待ちわびた春を謳歌するように、無数の枝を四方八面にめぐらせ、満開の花を咲き誇らせる壮麗優美な立ち姿......。現代日本画壇に新たな時代を拓いた偉才、中島千波画伯の筆になる名作『素桜神社の神代櫻』。
ここには、二十年以上にもわたり全国の桜の名木を訪ね歩き、その麗姿を描きつづけてきた桜花図の第一人者、中島千波画伯の芸術の真髄が、あますところなく表されています。中島千波の詳細はコチラよりご確認下さい。
  • だりあ中島千波
    だりあ
  • 形態*82-10-感中島千波
    形態*82-10-感
  • 山高神代桜中島千波
    山高神代桜
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|