女性として初めて文化勲章を受けた上村松園|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

女性として初めて文化勲章を受けた上村松園

村松園(うえむらしょうえん・1875~1949)は女性初の文化勲章受賞者でもある。松園女の落款。25~30歳頃のもの。女性初の文化勲章を受章し  美人画で名高い上村松園の作品を  シルクスクリーンで再現した掛軸です。  
美しいお顔と上品な色遣いが格調高く初節句のお祝いにもおすすめです。  近頃は、収納もしやすく、大人になっても  ずっと飾っていただける絵画や掛軸をお祝い品とする方も多く、大変人気の作品となっております。
京都に生まれ、奈良県生駒郡で没 本名は津彌。はじめ京都府画学校に学び、鈴木松年、幸野楳嶺に師事、のち竹内栖鳳に師事。内国勧業博覧会、日本青年絵画共進会、日本美術協会展で次々に受賞。明治40年文展の創設とともに出品、三等賞受賞、大正5年無鑑査、同13年帝展審査員。
昭和9年定点「母子」(東京国立美術館)を出品し帝展参与となる。翌10年春虹会の結成に加わる。同16年帝国芸術院会員。同19年帝室技芸員。同23年女性として初めて文化勲章を受章。
格調高い近代美人画の完成者としても知られる。代表作に「序の舞」(東京芸術大学)などがある。上村松園 の詳細はコチラよりご確認下さい。
2012年7月24日放送|開運 なんでも鑑定団「IN 静岡県小山町」
上村松園作 「お福の図」
●上村松園作 「お福の図」
●鑑定士(安河内眞美)の出した金額:\5,000,000
【鑑定士総評】
女性として初めて文化勲章を受けた松園の本物。女性を描き続けた作家だが、お福に託して描いているのは珍しい。琴の音が聞こえてきそうなふっくらと柔らかい、美しい雰囲気が出ている。人物の着物もすばらしく、一つ一つ全く手を抜いていない。「松園女」とあるのは26歳から30歳頃の落款。脂が乗り始めた頃の作品。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|