楼蘭の象徴ともいうべき崩れかけた仏塔|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

楼蘭の象徴ともいうべき崩れかけた仏塔

楼蘭の象徴ともいうべき崩れかけた仏塔を背景として、駱駝に乗った隊商がタクラマカン砂漠を従来する。栄華をきわめた隊商土地も、人が築いた城廓や塔もやがては自然に還っていく。
それでも駱駝が歩みを止める事はない。《楼蘭遺跡を行く(日)では灼熱の砂漠を、《楼蘭遺跡を行く(月)》では冷え切った夜気の中を、月光を浴びながら隊商は進む。空気が乾燥し、澄み切った楼蘭では、太陽が沈むと気温はたちまち零下10度以下となる。
満天の星空には無数の流星、人工衛星までもがくっきりとみえるという。楼蘭での夜、画家は鉛筆を持つ手もかじかみ、南極探検用の羽毛ジャケットを着て、携帯カイロを10個付けても、身体が震えるほどであったという。
太陽の照りつける中、あるいは月明の中、あるいは月明の下、砂漠をひたすら住くキャラバンーそれは平山郁夫が憧憬してやまないシルクロードと、国境や民族を越え、さらには時空をも越えた人々の交流の象徴でもある。平山郁夫 楼蘭の月はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|