絵画のイメージを広げる|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

絵画のイメージを広げる

楼蘭遺跡は、20世紀になってスウェーデンの探検家として知られるスウェン・ヘディンによって発見された。平山がこの遺跡を実際に訪れる以前、《鄯善国妃子(楼蘭の王女)を描いた際は、彼にとってここ楼蘭は、悠久の歴史流れを物語るロマンにみちた場所として捉えていたのであろう。
平山は後にこの遺跡を訪れ、その時の感想を次のように語っている。「24日、ヘリが遺跡に着いた。ただちに仕事開始である。...明るい陽光が遺跡の陰影をくっきりときわだたせている。見渡す限り一木一草もない死の世界だ。
〔オーイ〕と叫んでも、誰にも気づかれないまま、その声は大空にかき消されてしまう。崩れた住居址を描きながら千数百年前の人々の営みを偲んでいるうちに、ふと大地に吸い込まれそうな怖さをおぼえた。」
画家は、崩れ行く仏塔だけが、ここが遺跡であることを示してくれるような殺伐とした風景を、陰影のコントラストだけを強調した禁欲的ともいえる方法で描いている。人物などの、絵画のイメージを広げるような要素を一切排除したこの作品からは、歴史のロマンや幻想といったものの向こうにある、この画家ならではの深い詩情を読み取ることが出来る。平山郁夫「楼蘭遺跡を行く」はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|