日本を代表する洋画家|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

日本を代表する洋画家

日本を代表する洋画家のひとり、小磯良平(こいそ・りょうへい)は、明治36(1903)年に神戸に生まれました。東京美術学校を首席で卒業後、生涯の友となる詩人の竹中郁とともにヨーロッパに渡り、西洋絵画の薫陶を受けます。
帰国後は清楚な女性像に代表される人物画を数多く手がけました。戦後は母校である東京藝術大学において後進の育成につとめ、また東京・赤坂の迎賓館のための壁画を制作するなど、この分野における多くの傑作を残し、昭和58(1983)年には文化勲章を受章します。
昭和63(1988)年、神戸で亡くなりました。小磯良平記念室には、当館が所蔵する約500点の小磯作品の中から代表作《T嬢の像》 をはじめ約20点が常時展示されています。小磯良平 若い女はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|