西洋式絵画を手がけた作家|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

西洋式絵画を手がけた作家

大正から昭和初期にかけて活躍した近代日本を代表する洋画家。様々な表現様式を会得しながら辿り着いた、無骨な写実的描写によって対象に宿る深い精神性を鋭く見抜き表現する独自の絵画様式を確立し、『道路と土手と塀(切通しの写生)』や『麗子微笑(青果持テル)』など後に重要文化財となる作品を始めとした西洋式絵画を手がける。
1891年6月23日(明治24年)、明治時代を代表する新聞記者・教育者・実業家のひとりである岸田吟香と妻の勝子の第九子(四男)として銀座に生を受ける。東京高等師範学校付属の小学校・中学校に通いながら中学時代から独自で絵画を学ぶ。
1905年(明治38年)の父の死をきっかけに、翌年キリスト教に入信し洗礼を受け、熱心な信者となる。このキリスト教への入信は画家の作品に少なくない影響を与えた。1908年、本格的に絵画を学ぶ為に白馬会葵橋洋画研究所に入り、当時画壇を先導していた洋画家・黒田清輝に師事しながら外光派の表現を会得。
この頃(1910年4月)刊行された文芸誌・美術雑誌『白樺』を1911年(明治44年)から愛読し始め、翌年には白樺派の武者小路実篤や柳宗悦、英国の陶芸家バーナード・リーチらと交友を重ねる。この『白樺』と周辺の人物達との出会いは画家の表現を劇的に変化させる最も大きな要因となり、後期印象派(ポスト印象派)の画家たち、特にポール・セザンヌやフィンセント・ファン・ゴッホに絶大な影響を受け、この頃の作品は、むしろ模倣に近いものであった(画家自身、「露骨にそのような描き方をした」と述べている)。
1912年(明治45年)、詩人・高村光太郎、画家の萬鉄五郎らとヒュウザン会を結成、同年におこなわれたヒュウザン会主催の展示会に自身の作品を14点、翌年の展示会に19点の作品を出品。
1913年(明治45年)、同会の解散や小林蓁との婚姻を経て、ルネサンス芸術やバロック様式などの絵画、特にドイツ・ルネサンスの巨匠アルブレヒト・デューラーの表現手法に感化され、翌年に手がけた作品には写実的表現への傾倒が顕著に示される。
以後、(画家自身の言葉によると)レンブラント・ファン・レインやピーテル・パウル・ルーベンス、ルネサンス芸術期の画家アンドレア・マンテーニャ、初期ネーデルランド絵画の巨人ヤン・ファン・エイク、ロマン主義の画家フランシスコ・デ・ゴヤなどの古典的絵画表現の影響を受けながら自身の様式を模索・形成していった。また1918年(大正7年)に娘・麗子をモデルとした最初の作品『麗子五歳之像(麗子肖像)』を完成させる。
1929年(昭和4年)、生涯一度の海外(大連・奉天・ハルビン)へ旅立つものの、帰国後に滞在先の(田島一郎の教理)山口県徳山で胃潰瘍と尿毒症を併発、同地で死去。享年38歳。
2014年7月8日放送|開運 なんでも鑑定団「第12回名画鑑定大会」
岸田劉生の油絵
●岸田劉生の油絵
●鑑定士(鈴木弘子)の出した金額:\150,000
絵にサインも入っておらず、岸田劉生の画風とは全く異なる。贋作として作られたものでもないだろう。ただし、依頼品は非常に克明で写実的に描かれている。非常に哲学的な詩が添えられており、これはこれで個性的な作品ではある。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|