草間彌生の活動|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

草間彌生の活動

前衛芸術家・草間彌生の活動と表現が、86歳の今もその速度と密度を高めている。アトリエで思いを聞くとともに、ニューヨークでの新作展を美術史家の富井玲子氏に評してもらった。
ニューヨークでの個展のほか、近作展なども南米やアジアを巡回中の草間。来客も多く、「疲れちゃう」とこぼしながら、朝から晩まで制作に没頭する。昼食時も、左手におにぎりやサンドイッチを持ち、描き続けることが多いという。
主に描いているのは、2009年から続く「わが永遠の魂」のシリーズ。大画面にアメーバのような有機的な形や生物、人の顔が色鮮やかに描かれる。
「頭の中にどんどん出て来ちゃうから手が追いつかない」と語るのは従来通りだが、近作は四周をフレーム状の帯が囲み、密度や構築性がより高まっている。
作品名には「青春」「人生」「愛」「地球」「自殺」といった言葉が連なる。「(心の病と)闘いながら生み出してきたものが私を癒やしてくれる」と語り、「人や命、平和への畏敬(いけい)の念が、作品のバックにはある」と言い切る。
夜には、宇宙論や中東関係の本にも目を通すという。アトリエ近くに昨年、プライベートな展示空間が完成した。そこで自作に囲まれると、「向こうから幻覚が出て来て、心が鎮(しず)まる」という。
しかし何より、精神状態は「描いていると具合がいい」のだそうだ。そして、こう語る。「倒れるまで、死にものぐるいで絵を描く。もっともっといい作家になりたい」。私たちは今後、新たな草間芸術と出あうことになるに違いない。伝説の中の湖はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|