半世紀以上に及ぶ横山大観|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

半世紀以上に及ぶ横山大観

明治20年代後半に始まり、1958(昭和33)年に幕を閉じた半世紀以上に及ぶ横山大観の画業については、これまでも様々な視点から論じられてきた。
大観が明治・大正・昭和の三代にわたって制作活動を行い、しかもわが国の社会・政治の動向とも密接な関わりを保っていたことからすれば、大観の作品、あるいは画家としての在り方について語ることは、日本の近代美術そのものを語ることになるということも可能だろう。
これまでの大観論の主要な論点は、明治30年代半ばの「朦朧体」をめぐる諸問題、大正期に完成を見たと言える大観画の特質、昭和初期以降の体制翼賛的性格を帯びた作品に対する評価の問題などである。
今回の展覧会を準備するに当たり、改めて大観の作品を通覧していて、筆者はその画面形式も大観の作品成立の背景を考える際に、看過できない要素ではないかとの考えを抱くようになった。そこで、本稿では大観作品に特徴的と考えられる瀟湘八景のような多幅対の連作と絵巻を対象として、大観が抱いていた制作上の問題意識の一端について検討を加えることとする。横山大観 曙色はコチラよりご確認下さい。
2015年9月1日放送|開運 なんでも鑑定団「IN栃木県 那須塩原市」
横山大観の掛軸
●横山大観の掛軸
●鑑定士(田中大)の出した金額:\8,000,000
【鑑定士総評】
本物。横山大観は生涯にわたって富士山を描いているが、時代によって若干変わっていく。依頼品は実際の富士山よりも急な傾斜がついている。このような富士山は大正期だけに描いている。昭和に入るともっと実際に近い富士に変化していく。雲をまだらに描いているが、この描き方も大正時代の典型的なもの。落款は行草体落款と呼ばれるもので、だいたい大正五年から昭和四年くらいまで書かれたものだが、その中でも筆が割と太い。それは大正の五年か六年頃。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|