文化勲章受章の洋画家荻須高徳|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

文化勲章受章の洋画家荻須高徳

愛知県稲沢市出身で、文化勲章受章の洋画家、荻須高徳(1901-1986)の生誕110年を記念する回顧展を、東京・日本橋三越本店で開催中です。生涯のテーマとして居を定めたパリと、明るい日差しにひかれてたびたび訪れたベネチア。
対照的な2つの古都を描いた代表作のほか、初公開の人物画や花の絵など約90点を紹介し、60年に及ぶ画業をたどります。荻須は、東京美術学校(現・東京芸術大学)を経て1927年の秋、25歳で渡仏。
第2次大戦で帰国を余儀なくされた一時期を除いて、84歳で亡くなるまでパリに住み、人々の生活や歴史がしみ込んだ石造りの建物や街並みを描き続けました。1935年に初めて旅して以来、何度も長期滞在したベネチアでも、そこで暮らす人々の気配が感じられる細い運河や、苔が生え傾いた建物に目を向けています。
荻須は、東京美術学校(現、東京芸術大学)を卒業後、1927年フランスに渡り、美術学校の先輩であった佐伯祐三に導かれてパリの街角に画架を立てて仕事を始める。以来、生涯主にパリという都市にモティーフを求め続けることになる。
だが、同じようにパリを描いたヴラマンク、ユトリロや佐伯とは異なり、荻須は情感、文学的香り、詩情を前面に押し出すことから離れて、パリを探索し、そこでその都度発見した街並や建造物のつくる構成、形、色、マティエールをおもしろさを自らの視覚でとらえて再構築し、それらを重厚、堅牢で時としてモニュメンタルな画風へ高めるという造形主義の姿勢をとった。
この点で、荻須は、レンプラント、セザンヌなどのヨーロッパの画家達の築き上げてきた技法とその背後にある精神の伝統のひとつを消化しえた、数少ない日本人画家のひとりであった。荻須高徳買取ならコチラよりご確認下さい。
  • モントルゴイユ通り荻須 高徳
    モントルゴイユ通り
  • クーロンヌ通り荻須 高徳
    クーロンヌ通り
  • オレンジ色の日除け荻須 高徳
    オレンジ色の日除け
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|