藤田の秋田への愛着|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

藤田の秋田への愛着

「詩の国秋田の壁画時代を現出させよう」1936年7月、藤田嗣治は、秋田市の資産家・平野政吉の美術館建設計画を受け、秋田での壁画制作を表明しました。
藤田についてすべてを語るには相当の時間を要するが、番組では、あえて過去に他局が放送した番組内容との重複を避けたかった。その結果、全体として特に技法・技術などについて、説明不足になってしまった。
「花鳥図」は、撮ることに意義があった。学術的には説明は可能だが、藤田の言葉や資料が見つからなかったため、詳しく伝えることを避けた。新たに見つかった着物や竿燈の写真などを紹介できたことが、藤田の秋田への愛着をうまく表現することができた。藤田嗣治 夢はコチラよりご確認下さい。
2015年7月14日放送|開運 なんでも鑑定団「IN山梨県甲州市」
楽家五代宗入の黒茶碗
●楽家五代宗入の黒茶碗
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\5,000,000
【鑑定士総評】
楽家五代宗入の作品に間違いない。町人文化が花開いて煌びやかだった元禄時代の人物だが、自分より百年前の先祖の初代長次郎の時代に戻ろうとした。窯の中で強い還元炎で焼き締め、気泡がふつふつと沸き上がり、肌がかせている。そこに初代長次郎の求めた茶の湯の侘びというものが再現されている。腰から下の部分が土をきれいにえぐりとってあり、中が深い。口は山道のように何となく凹凸になっている。また箱が良い。武者小路千家四代直斎宗守の箱。直斎は江戸中期の大茶人で、「雪の恵」という銘が入れられている。この銘を考えてみると、茶碗の肌にほんのりと白く円い窓が見える。これは利休の求めた茶の心理の中にある、微かに向うに雪の窓あるいは雪明りがある、それが侘びなのだという事を物語っていると思う。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|