平山郁夫 リトグラフ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

平山郁夫 リトグラフ

シルクロードは、平山の得意の画題であり、何度も彼は、シルクロードの地を訪れている。彼が被ばく者であり、平和を祈るものであるならば、最も強烈にシナ共産党政権に抗議の声をあげなければならなかったはずである。
それどころか、平山は、ウイグル人被爆者に背を向け、「シナ共産党政権との友好」に精を出した。シルクロードを題材としたテレビ番組で、NHKはシナ共産党政権と大きく癒着したわけだが、平山も同様の体験をしたのであろう。
平山の絵を、高価なものにしたのは、彼の竹下登元首相との関係であった。田中角栄の後を継ぎ、日本政界の対中利権を一手に仕切っていた竹下登は、政治資金のやりとりに、平山の絵画を度々利用した。平山のビジネス上の成功は、竹下に負うところが大きいと言われている。
今回の鑑定を依頼した鳴戸親方は1983年ブルガリア生まれ。子供の頃からレスリング選手として活躍し、ブルガリアジュニアチャンピオンにも輝いた。大学時代、相撲部に助っ人を頼まれた際、その魅力に取り付かれ、後にスカウトされ来日。
すると、2メートルを超える長身から繰り出される豪快な取り口で、番付を一気に駆け上がり初土俵からわずか19場所で大関に昇進。一方、各界きってのイケメン力士としても人気を博した。2008年5月場所では朝青龍、白鵬の両横綱を撃破し念願の幕内優勝も果した。昨年引退、今年2月に年寄鳴戸を襲名し、後進の指導に励んでいる。平山郁夫 大仏殿参道はコチラよりご確認下さい。
2015年6月16日放送|開運 なんでも鑑定団 
マイセンの人形
●平山郁夫の絵
●鑑定士(田中健)の出した金額:\15,000,000
【鑑定士総評】
平山郁夫は広島県出身で被爆体験者。20代後半にその後遺症がひどく死の恐怖にさらされた。その際に「仏教伝来」という作品で玄奘三蔵を描いた。そして三蔵法師が歩いたシルクロードというものを追体験していく。生涯で100回以上訪れ、単なる写生旅行ではない壮大な旅となった。その中で描かれたラクダの絵は非常に評価が高い。最初はシルエットで描き、だんだんと明るくなっていった。晩年になると色彩を入れるようになり、まさに依頼品は最晩年に近い頃の物と思われる。夜空は群青、月は黄、衣装は白、敷物が赤と非常に見事な配色で、ラクダ自体に陰影をつけて少し立体感を出し、不思議な透明感を漂わせている。小品であるがこそ素晴らしい作品であると言える。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|