薬師寺も世界遺産に登録されています|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

薬師寺も世界遺産に登録されています

興福寺の国宝館を見学した後、薬師寺に向かいました。狭い部屋での相席になってしまった塔の茶屋で、向かいに座っていた女性のお客さんが現在、薬師寺で玄奘三蔵院伽藍が公開中だということを教えてくれました。
それなら行ってみようかということで行き先が決まったのです。実は興福寺も昼食をとるために車を停めたのが興福寺の駐車場だったから・・という理由から興福寺に行くことになりました。とても行き当たりばったりでしたが結果としては大当たりの観光になりました。
薬師寺は随分前に一度行ったことがあり、今回で二回目。写真は西塔です。東塔のほうは現在、お化粧直し中で大きなカバーの中に隠れていました。
薬師寺も世界遺産に登録されています。こちらも大変古い歴史をもつお寺ですがあまり知らないので詳しいことは飛ばします。広い敷地に伽藍が悠々と配置されているような感じです。
境内に足を踏み入れた瞬間、建物の鮮やかな朱塗りが目を惹きました。これらは再建されたものですが、往時のお寺はこんなふうに華やかな雰囲気があったのでしょうね。いろいろ想像が膨らみます。金堂からみた大講堂。京都のお寺にはない雰囲気ですね。
平山郁夫さんが30年をかけて製作されたという大唐西域壁画が展示(お祀り?)されている玄奘三蔵院伽藍は更にこの奥にあり、そこにたどりつくまでかなり歩きました。
玄奘三蔵は西遊記で有名な中国唐時代の僧侶です。17年間にわたるインドでの勉学を終え、多くの経典を唐に持ち帰り翻訳しました。 大唐西域壁画はその玄奘三蔵求法の旅を描いたもの。この玄奘塔の後方にある壁画殿にありました。
作品は細長い館内の壁に沿って掛けられており、縦2.2メートル、長さ49メートル、合計13枚の絵で、これは大変な迫力でした。興福寺の仏像群を観た時も大変感激しましたがシルクロードを描いた壮大な絵もまた素晴らしいとしか表現できません。平山郁夫 興福寺の月はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|