日本の美術は、法隆寺から始まった|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

日本の美術は、法隆寺から始まった

「法隆寺」を一言で述べますと「仏教美術の集大成」と言えます。 我が国において、飛鳥時代から鎌倉時代にかけて、美術と言えば仏教に関するものが多く、埴輪から仏像、古墳から寺院、ことに掘っ建て柱に茅葺きの家屋が一般的だった建物の時代に、五重塔の建立などの大変革は仏教の力なくしては不可能だったでしょう。
斑鳩の里にある「法隆寺」は、日本仏教の始祖と仰がれる「聖徳太子」をお祀りしている寺院で、聖徳太子の好まれた松林が古い堂塔に映えて、墨絵を眺めているようで、誰もが卒業旅行のセピア色した写真とだぶり感慨にひたられることでしょう。 しかも寺院に納められている仏像・仏具の殆どが、飛鳥・白鳳・天平時代の作だけに、現存最古と言われております。
それが所狭しと並べられており、さらに木造建築では世界最古の建築群である七堂伽藍のすべてが、国宝に指定されており、古建築のすべてが学べる東南アジアで唯一の殿堂であります。日本の国宝の数多くを、この法隆寺が所蔵しており、文化財の比類なき宝庫のような寺院であります。それゆえ、日本の美術は、法隆寺から始まったと言っても過言ではありません。
それも現在では、建物・仏像・仏具など彩色の退色やメッキの剥落によりかえって落ち着いた、奥ゆかしさが感じられ、無彩色の埴輪や素木の文化を好む我々日本人には、やすらぎと感動を与えてくれます。
また、約1300年もの風雪に耐えて聳え立つ五重塔をヒントにして、現代の超高層ビルが柔構造で建築されていることを考えますと、古代人の偉大さには驚かされます。大和は日本人の心のふるさとです。そのふるさとの中心的存在が、美と信仰の殿堂・法隆寺であります。これら仏教芸術の粋というべきものの集合体である法隆寺を、5回10回と訪れて頂きたいものです。平山郁夫 法隆寺釈迦三尊右脇侍はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|