海のシルクロードとも言うべき交易路をテーマ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

海のシルクロードとも言うべき交易路をテーマ

平山郁夫は生涯にわたって東西の文化交流に関心を寄せていましたが、海のシルクロードとも言うべき交易路をテーマにし、また、古くから情報・流通のハイウェイとして栄えてきた瀬戸内についても何点もの作品を残しています。
イギリスは、貿易不振の原因が、開港場が南に片寄っていて、都の北京の近くにないこと、また広州では領事の駐在や居留地をおくことが延期されるなど、中国側に条約違反や不履行が多いことにあると考え、条約の改定や市場の一層の拡大を求めたが清朝は応じなかった。そのためイギリスは清朝に再び打撃を与えてより有利な条約を結ぶ機会をねらっていた。
その時、たまたまアロー号事件が起こった。1856年10月、イギリス船籍に属し、船長がイギリス人で中国人が所有する小帆船アロー号が、広州港外に停泊中に海賊容疑で清朝官憲の臨検を受け、中国人乗組員12人が逮捕されるという事件が起きた。これがアロー号事件である。
イギリスは、清朝官憲がイギリス船籍のアロー号に対してイギリス船長不在中に臨検を行い、イギリスに無断で乗組員を逮捕し、しかもその際、イギリス国旗が引き下ろされて侮辱されたとして乗組員の釈放と謝罪・賠償を要求した。
これに対して清朝は、アロー号は中国人所有の船で船長を除いて乗組員全員が中国人であること、アロー号は事実上、中国の海賊船であること、またイギリス国旗は掲げられてなかったとして、イギリスの要求を拒絶した。
イギリスは、このアロー号事件を絶好の機会ととらえ、広西省で宣教師が殺害され清に抗議していたフランスのナポレオン3世をさそって共同で出兵し、アロー戦争(1856~60)を引き起こした。アロー戦争は第2次アヘン戦争とも呼ばれている。
イギリス軍は1856年10月に広州を攻撃した。しかし、広州の住民の抵抗にあって虎門に退き、本国からの援助を待った。イギリスはシパーヒー(セポイ)の反乱のために派兵が遅れ、英仏連合軍が広州の攻撃を開始したのはようやく1857年12月になってからであった。
英仏連合軍は広州を占領して略奪・暴行の限りを尽くした。翌1858年、英仏連合艦隊は北上し、4月には天津に迫った。 対外的にはアロー戦争(1856~60)、国内では太平天国の乱(1851~64)という内憂外患に苦しんでいた清朝は、やむを得ず1858年6月に英仏両国と天津条約を結んだ。
天津条約の主な内容は、外国公使の北京駐在・キリスト教の布教の自由・漢口など10港の開港・外国人の中国内地での旅行の自由・英仏への計600万両の賠償金の支払いなどを清が認めるというものであり、天津条約は1年後に批准されることになっていた。平山郁夫 海のシルクロード・中国帆船はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|