川合玉堂 行く秋|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

川合玉堂 行く秋

偶庵とも号す。少年時代を岐阜市でおくり、20年十四歳とき京都に出、望月玉泉に入門する。玉舟の雅号を受けるが、23年玉堂と改めて本格的に画家を志し、高野楳嶺の画塾大成義会に参加、四条派を研鑚する。
内国勧業博覧会、日本美術協会展で受賞を重ね、師楳嶺の死去した28年第4回内国勧業博覧会に〈長良川鵜飼〉で三等銅碑を受ける。翌29年橋本雅邦に師事、東京に移住する。日本絵画協会絵画共進会でも〈孟母断機〉〈家鴨〉などで受賞を重ね、31年日本美術院の創立に師雅邦とともに参加、日本絵画協会評議員となる。
その後も日本絵画協会の日本美術院との連合絵画共進会に〈平重盛(小松内府)〉〈水禽〉などで銀牌、銅牌などの受賞を重ね、評価が高まるとともに新設した私塾長流画塾も盛んとなる。40年東京勧業博覧会に〈二日月〉で一等賞を受賞、開設された文展には第1回から審査員をつとめ〈片時雨〉〈秋山遊鹿〉〈細雨〉などを出品する。
42年門下生による研究発表団体下萌会を結成、大正7年から15年にかけて活発に発表展を開催する。4年東京美術学校教授となり、5年第10回文展に〈行く春〉(重要文化財)を出品、6年帝室技芸員となり、7年東京美術学校日本画科主任、8年帝国美術院会員となる。
帝展に〈雨後〉〈宿雪〉などを出品するとともに13年淡交会の結成に参加、のちに〈峰の夕〉を出品する。昭和3年昭和天皇の即位式御大典にあたり〈悠紀地方風俗屏風〉を制作、13年東京美術学校を退官するが、15年紀元二千六百年奉祝美術展に〈彩雨〉を出品、文化勲章を受章、16年朝日賞を受賞する。
18年第6回新文展に〈山雨一過〉を出品、戦争が激しくなり19年東京奥多摩の御嶽に疎開する。戦後は21年春の第1回日展から〈朝晴〉〈屋根草を刈る〉などを出品、白寿会展、兼素洞の雪月花展などにも出品、また歌集「多摩の草屋」三巻を刊行、30年東京都名誉都民、青梅市名誉市民となる。
明治後期から近代日本美術の中心にあって活躍、清澄な色彩や水墨によって日本的な情緒を穏やかに詩情豊かに表現、日本人の心を描き続けた。昭和32年6月30日、東京都青梅市で歿。享年83歳。36年5月、玉堂終焉の地、御岳に玉堂美術館が開館する。川合玉堂 行く秋はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|