近代的市民の立場を貫いた小磯芸術|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

近代的市民の立場を貫いた小磯芸術

昭和63年12月16日85歳で他界した洋画家小磯良平の三回忌に合わせた遺作展である。わが国洋画壇の重鎮であった小磯の回顧展は生前にも各地でたびたび開催されてきたが、本展は没後初めての本格的な回顧展であり、東京美術学校時代から滞欧期にかけての初期作品から、バレリーナ、裸婦、働く人、さまざまな衣裳の女性像にいたる各時代の代表作を網羅するとともに、戦争記録画を含む未発表作を加えた油彩画109点、パステル画・水彩画・素描28点の合計137点で構成する大規模なもので、これまでの回顧展の集大成として、遺作展にふさわしい充実した内容となった。
小磯は、東京美術学校在学中の1926年に「T嬢の像」で帝展特選となって注目されるなど、はやくからその才能を発揮し、1928年から30年にわたる滞欧期にはアングルやマネ、コロー、クールベ、ドガからヴェラスケス、フェルメールなど西洋絵画の実作に触れてその本質を吸収しただけでなく、広くヨーロッパ文化を見聞することによって自己の絵画世界を深め、官展作家としての順調な道を歩むかに見えた。
しかし、1936年には帝展改組に反対の立場をとり、猪熊弦一郎らと新制作派協会を結成して官展を離れ、以後一貫して同協会の中心作家として歩んだ。
すでに1942年には「娘子関を征く」によって第1回帝国芸術院賞を受賞してその技量は高い評価を得たが、本格的な油彩画の技法と卓抜なデッサン力を基礎にした、都会的な近代感覚あふれるその作風は戦後ますます輝きを増し、清楚で典雅な女性像の気品ある美しさは他の追随を許さない。
小磯のすぐれた画業に対し1984年に文化勲章が贈られたことは記憶に新しいところだが、一方、その芸術が多くの人々に愛されているという点においても無類で、このことは近代的市民の立場を貫いた小磯芸術の特質の一面を示すものと言えるだろう。小磯良平 女の胸像はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|