個性というものの重要性|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

個性というものの重要性

画家香月泰男は生前親しい人達に手描の年賀状を送られていました。その図柄は何とも洒脱であたたかみのある、もらわれた人の心を楽しませ、和ませた年賀状でした。
此度その作品を何らかの形に残したいと思い、婦美子夫人のお許しを頂き伝統手摺木版の技を生かして出版する事となりました。家族や友人を想う画家香月泰男本人のメモリアルの記録として、又画伯の偉業を偲ぶ作品として新世紀に向けて皆様にお届け致したく制作致しました。尚、作品上の印は、画伯が生前愛用された自刻の印を一点一点押印致しました。
2004年 10月1日の午前中、美術館を訪れました。美術館は三隅町のアトリエのある実家から かなり離れた湯免温泉の小高い丘に聳えていました。雲一つない紺碧の空と白亜の壁。
そこに シベリヤシリーズの傑作「Refugees」の独特な黒がことのほか美しい。わたしはしばらくそこに佇 んでいました。美の持つ感動を独り占めできる僥倖の時間でした。
たまたまその日は臨時休館日でしたが、便宜を図ってくださり、坂倉館長のご案内で展示絵 画を見せていただきました。幾つかの絵の前では解説してくださり、この語り口に香月氏への愛 情が滲み出ていました。
坂倉館長はわたしと同じ大津高校の先輩で、やはり香月泰男氏に師事されましたが最も親密 に指導を受けられたお弟子さんです。展示品にはシベリヤシリーズの原画や初めて接する絵画 などもあり、ひさしぷりに香月ワールドに浸ることができました。館長には深く感謝しています。
わたしは絵が好きで高校時代、 美術サークルに所属していた。シベリヤシリーズの画家香月泰男氏はその顧問だ った。わたしは氏の傍で絵を描くことだけで妙に幸福だった。
あるとき、石膏の胸像をデッサンしているわたしの横に来て、「そのグジャグジャしちょる線、実にええのう」と言って誉めてくれたことがある。 他の部員たちのすっきりした線描に比べ、コンプレックスを抱いていたわたしには信じられないことだった。
絵はうまく描けばいいというものではない。個性というものの重要性を初めて教えられる思いがしたのだ。部室でのピカソの話。桜の散る校庭での写生。あの穏やで優しい表情が忘れられない。香月泰男 年賀状はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|