滋賀県大津に生まれた小倉遊亀|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

滋賀県大津に生まれた小倉遊亀

この作品は昭和55年頃、画伯85歳の円熟期に描かれた名作である。扇面に描かれたこの「紅梅と徳利」は静物同士が画面上で何やら会話を交わしているような和やかさが感じられるとともに、富本憲吉の徳利と一枝の紅梅によって生命をも感じさせる。
明治28年(1895)滋賀県大津に生まれた小倉遊亀は、奈良女高師を卒業後、教鞭をとりながら画道を志し、大正9年(1920)安田靫彦(1884~1978)への入門を果たして、精進の結果日本を代表する日本画家へと成長を遂げました。
師靫彦と遊亀をつないだのは、女高師時代の二人の恩師、水木要太郎(1865~1938)と横山常五郎(1869~1938)でした。とくに大和の生き字引といわれた日本史の水木要太郎は、奈良に国内留学していた靫彦に慕われた歴史研究者で、コレクターとしても著名です。一方、遊亀がこの上なく憧憬した「法隆寺金堂壁画」と同じ線を今引けるのは安田靫彦しかいない、と教えたのは、東京美術学校出身の横山でした。
遊亀と靫彦の作品と、水木がコレクションした旧蔵品、靫彦の愛蔵品や、3人の交友を伝える資料から、水木が二人の画人にもたらしたものを検証し、近代日本画発展の一断章をさぐります。小倉遊亀 紅梅はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|