三春の瀧桜の花の色|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

三春の瀧桜の花の色

「自分の足で歩き、自然の生態をよく観察して、花びらの一枚一枚の意味や葉と茎の関係など、対象を凝視することが大切である」中島千波福島県中央の三春町にある「三春瀧桜」は『日本三代桜』といわれる名木です。
樹齢千年を超える枝垂桜は、四方にのびる太い枝から真紅の滝がほとばしるように、美しい花を咲かせます。その巨大で華麗な姿は『桜の横綱』とも呼ばれています。中島画伯の監修によって、入念に仕上げられたこの作品は、気品と華やかさにあふれ『桜シリーズ』を代表する秀作として、ファンの感動を呼んでいます。
福島県田村郡三春町。この地に、1000年もの時を静かに見守り続けてきた紅枝垂桜が鎮座している。高さ約13・5m。幹回り約8・1m。三春町の瀧地区に所在することに加え、四方に広がる薄紅色の花が流れ落ちる瀧のように見えることから、「三春の瀧桜」の愛称で親しまれてきた。
平成23年、震災があった春も、可憐な花を咲かせ、多くの人々に勇気と感動を与えた三春の瀧桜を、当代随一の桜の画家、中島千波画伯が魂を込めて描き上げたのが、「三春の瀧桜」だ。
「この三春の瀧桜の花の色は、背景になる空の色、空気の色でもって変わる、という印象です。一輪ずつの花は白に近いのに、全体を見るとピンクに見える。染井吉野は大きな花びらだから先のほうがピンクがかっていたりすると、それらが集まったときの色みはピンクが強いものになるんです」と、中島画伯は作品解説に記している。
版画のノウハウと最新の画像処理技術を融合させた、最先端のデジタル復刻技術"デジタル・プリンティングアート"を採用。画伯自らの目で校正を施し、それを元に色を補正する作業を繰り返した。それにより画伯の真骨頂ともいわれる一枚一枚丹念に描き込まれた花弁を忠実に再現し、原画の色彩や筆致を厳密に表現。
加えて桜の花びらの白とピンク、樹の幹の墨、背景の金と銀の部分には、計5版ものシルクスクリーンで補色を施し、作品に深みと重厚感を持たせている。洋室にも和室にも合う額装の他、和室や床の間で季節に合わせて鑑賞できる軸装も用意。日本三大桜のひとつであり、古より歌にも詠まれてきた三春の瀧桜の麗容が、心を揺さぶる。中島千波 瀧桜(4)はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|