「火山」のシリーズや「富士山」のシリーズ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

「火山」のシリーズや「富士山」のシリーズ

院展を主な舞台に、独創的で奔放な絵画を発表し続けた片岡球子。その仕事の中核をなすのが、桜島や浅間山といった「火山」のシリーズや「富士山」のシリーズであり、そしてなによりも1966年からおよそ40年にわたりライフワークとして取り組み続けた《面構》シリーズである。
戦国武将や高僧など歴史上の人物が、その人物への片岡の共感を込めて描き出される《面構》シリーズには、浮世絵師が何度も登場する。この作品の左側には、キセルを手にして座る浮世絵師 歌川国貞が、筆と紙を用意した机を前に、描こうとする作品を思案している。
対してモデルを務める花魁は、懐紙を口にし膝をついてポーズをとり、つりあがった勝気な目で絵師を見返す。背後を斜めに走る緑の唐草文の赤い敷物が両者の空間をつなぐ。豊国の肖像のモデルには、死絵が使われている。
花魁は、豊国作の浮世絵版画『浄瑠璃尽くし』のうち、近松門左衛門の代表作『心中宵庚申』の主要登場人物お千代が描かれた《宵庚申》から取られている。片岡球子 桜島はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|