竹林に取材した、連作「京洛四季」の一点|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

竹林に取材した、連作「京洛四季」の一点

京都、山崎の竹林に取材した、連作「京洛四季」の一点です。 垂直にのびる竹の幹と、それを水平に切る節の線。それらが微妙に揺らぎつつ、画面に不思議なリズムをもたらしています。
一面に散り敷いた竹の落葉に光と影が交錯し、写実的でありながら、どこか幻想感もただよう作品です。 一本だけ、遅れて顔を出した筍が、いかにも微笑ましく映ります。
昭和を代表する文豪・川端康成と東山魁夷の親交のほどは、ひろく知られています。美術にも造詣の深い川端康成の「都のすがたしばしとどめん」との想いは、京都の風雅という、風景画家としての新境地開拓に東山魁夷を向かわせました。
ドイツ留学やヨーロッパ周遊を経て、北欧シリーズの発表によって独自の画風を確立した東山魁夷は、1964 (昭和39)年から二年を費やして京都にて逍遥を重ねます。
そして、四季折々に移ろう日本の伝統美と真摯に向き合うことで生れたという「私の支えになっているものは、やはり、日本の自然と伝統である」という確たる思いを、本連作に託しました。東山魁夷 夏に入るはコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|