20世紀の最も優れた女性作家|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

20世紀の最も優れた女性作家

1929年長野県生まれ。49年京都市立美術工芸学校卒。57年渡米。無限に増殖する網や水玉の作品を制作,ソフトスカルプチャーなど環境彫刻の先駆けをなし,ボディペインティング,反戦運動など多数のハプニングを行う。
75年帰国。93年ベネチア・ビエンナーレに参加。98-99年ニューヨークMoMA他で大回顧展が巡回し,20世紀の最も優れた女性作家の評価を決定的にした。
2004年には【クサマトリックス】(森美術館)と【草間彌生―永遠の現在】(東京国立近代美術館)の二つの大展覧会が開催された。2000年芸術選奨文部大臣賞,2001年朝日賞,2006年高松宮殿下記念世界文化賞(第18回)を受賞。
草間さんが版画を発表したのは帰国後の79年からですが,当初は全く売れませんでした。版元の私たちには辛いことでしたが,草間さんの自作に寄せる自信は揺るぎないものでした。これだけ自己の才能を信じられる作家はそうはいない。
バブル崩壊で男が自信喪失する中,経済的にも力をつけてきた女性達が,抑圧された女性の才能をアートで開花させた草間さんに圧倒的な支持を寄せ、空前の草間ブームを呼んだのはご承知の通りです。草間弥生 買取を検討中の方はコチラよりご確認下さい。
  • 無限の網(YOR)草間彌生(弥生)
    無限の網(YOR)
  • かぼちゃ(RT)草間彌生(弥生)
    かぼちゃ(RT)
  • きのこ草間彌生(弥生)
    きのこ
●草間弥生の作品
草間彌生
草間彌生が繰り返し描いてきたモチーフである網目模様を背景に、金魚鉢と金魚が平面的に浮かびます。草間ならではの手法で、無限の世界へ誘われるような作品です。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|