高村光雲の作品と生涯|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

高村光雲の作品と生涯

高村光雲の作品と生涯を日本の美術史にどのように位置づけるか、光雲をめぐる問題の多くはここに集約される。事実、私たちは明確な「高村光雲像」を未だ持っていないのである。
別頁の安達論文では、今もなお「芸術家・光雲」と「技術者(職人)・光雲」という相異なる二つの見方があること、伝えられる光雲の制作活動が、作家の個性、個人制作を重視する今日一般的な芸術観からは理解し難い側面を持っていること、このことが光雲理解を困難にしていることなどが紹介されている。
結論を急ぐのは控えなければならないが、本稿では光雲についてのこれまでの言説に検討を加え、展覧会準備の過程での作品調査によりながら、筆者なりの光雲像について述べることとしたい。
この書は大正十一年(一九二二)一一月一九日の夜から毎週日曜日の夜に、幸田露伴に小説を学んだこともある田村松魚(一八七四~一九四八)が長男・光太郎とともに光雲から聞いた昔ばなしをまとめたもので、幕末から明治にかけての大きな変革期を生きた光雲の生涯、彼の周囲の人々のこと、社会の様子等々がほぼ年次を追って記されている。
この回顧談を開くとき、私たちは江戸時代的なものを色濃く残しながらも変化していく東京の様子、近世と近代とが混交した不思議な世界に接して懐旧の情を強く感じると同時に、変革期を生き抜いた光雲の息づかいを感じ取りながら、談話を読み進める内に光雲の生涯を追体験し、江戸からの光線に照らされながらも、文明開化社会にたくましく立ち向かった光雲像を持つことになる。
しかし、古稀を迎えた光雲の話がすべて事実であったとは考え難い。光雲自身の記憶違いもあろうし、筆録した田村や原稿を推敲した光雲自身によって脚色が加えられた可能性も皆無ではなかろう。また、田村によれば、静かな雰囲気が壊れるという理由から、光太郎と田村以外の人物が聞き取りに同席することを光雲は絶対に許可しなかったという。
うがった見方をすれば、複雑な思いを互いに抱いていた光雲・光太郎親子が向かい合う場で、光太郎に対する光雲の教育的配慮、あるいはある種の牽制が談話の端々に加えられた可能性も想定できよう。そこまで言えなくとも、光太郎が同席していることを光雲が全く意識しなかったということはあり得ないだろう。
『光雲懐古談』が持つこのような性格を考慮するならば、安達氏も指摘するように、歴史史料としての取扱には慎重を期さねばならない。私たちがより確かな光雲像を得るためには、光雲自身の談話から一度離れてみることも手続きとして必要ではないかと思われる。 高村光雲 買取
2010年4月6日放送|開運 なんでも鑑定団「in 滋賀県彦根」
高村光雲作 観音像
●高村光雲作 観音像
●鑑定士(大熊敏之)の出した金額:\700,000
【鑑定士からの紹介】
明治大正期を通じて、日本美術史に金字塔を打ち立てた彫刻家、高村光雲。12歳で仏師・高村東雲に師事し、早くから熟達の技が師に認められて、高村光雲を名乗りました。伝統的な木彫の技法に西欧彫刻の表現法をとりいれ、わが国の彫刻芸術に新機軸をひらいた光雲は、写実に徹した秀抜な技により、他に類のない優麗な作風を確立。後年、東京美術学校の教授として多くの彫刻家を育て、名誉ある帝室技芸員、日展の主任審査員もつとめるなど、近代日本彫刻界に多大な貢献を果たすかたわら、聖観音菩薩を自らの芸術の原点に据え、生涯にわたり数々の聖観音像を生み出しました。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|