鏑木清方の掛軸|市場需要は高く高額査定|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

鏑木清方の掛軸|市場需要は高く高額査定

鏑木 清方(かぶらき きよかた)の作品は主に掛軸と言われるものが多く、希少価値もある為に高額にて買取ってもらえる事も少なくありません。ですから安易に質屋や画廊等に持ち込まずに専門会社数社への査定依頼を実施されるか、絵画 オークションに出展する事を推奨します
鏑木 清方(明治11年(1878)8月31日~昭和47年(1972)3月2日 93才没)近代日本の美人画家として上村松園、伊東深水と並び称せられる。人物画が多く、明治時代の東京の風俗を写した風俗画というべき作品が多い。東京・神田に生まれ。本名は健一
満13歳で浮世絵師の系譜を引く水野年方に入門。16歳頃から清方の父親が経営していた「やまと新聞」の挿絵を描き始め、 10代にしてプロの挿絵画家として活躍。1901年に仲間の画家らと烏合会(うごうかい)を結成。1916年に吉川霊華、平福百穂らと金鈴会を結成するが、清方自身はこうした会派、党派的活動には関心があまりなかったようだ。このころから次々と作品を発表し、第1回帝展の審査員に任命される。
浮世絵の流れもくむ清方の画風は、人物の容貌だけでなく内面の心理まで描き尽くす描写には高い技量と近代性、芸術性が見られる。重要文化財指定の『三遊亭円朝像』(1930年)は、清方には珍しい壮年男性の肖像であるが、代表作の一つに数えられている。神奈川県鎌倉市には鏑木清方記念美術館がある。鏑木清方 買取
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|