近衛家の国宝|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

近衛家の国宝

近衛家は、摂関政治の栄華を謳歌した藤原道長(966-1027)で知られる藤原氏の嫡流です。本展覧会では、昨年六月ユネスコの「世界記憶遺産」に登録されたばかりの道長の日記「御堂関白記」(国宝)のうち自筆本6巻、古写本2巻を特別公開するほか、公益財団法人陽明文庫が所蔵する近衛家伝来の名宝の数々をご紹介します。
九州国立博物館(福岡県太宰府市)は22日、4月15日から6月8日まで同博物館で開催する特別展「華麗なる宮廷文化 近衛家の国宝京都・陽明文庫展」(西日本新聞社など主催)の概要を発表した。
天皇を補佐する摂政・関白を担った「五摂家」の筆頭、近衛家に伝わる名宝を紹介する。 国宝18件、重要文化財34件、重要美術品13件を含む114件を展示する。近衛家伝来の品々を保管する公益財団法人陽明文庫(京都市)の所蔵品が大半を占める。
目玉は、昨年6月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録された藤原道長(966~1027)の日記「御堂関白記」(国宝)。自筆本14巻のうち6巻を公開する。世界記憶遺産登録後、九州では初公開という。
記者会見に同席した陽明文庫の名和修文庫長は「御堂関白記が持つ千年の重みを感じてほしい」と語った。
絵画 買取
近衛家の国宝
近衛家の国宝
●平成26年4月15日(火)?6月8日(日)
●九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、TVQ九州放送、公益財団法人陽明文庫公式サイト
【本展のみどころ】
近衞家の代々の当主は、貴族社会の中心にあって、天皇とともに宮廷文化を主導してきました。このためそれぞれの時代を代表する文化人、教養人を輩出しています。近衞信尹は安土桃山時代から江戸時代にかけての激動の時代を生き抜いた近衞家の当主です。信尹は近衞家の荘園がかつて存在していた薩摩に配流され、現地で島津氏の厚遇を受けたこともあり、九州とゆかりの深い人物です。「寛永の三筆」と呼ばれる能書でもあり、伝統を学びつつも豪胆にしたためられた筆跡は、書の世界に桃山時代らしい新風を吹き込みました。家?は博学多識で文献の蒐集家でもあり、古筆を模写・臨書したり、独自の美意識で表装したりして、保存に尽力しました。古典を研究し、新たな文芸を興した江戸時代きっての教養人です。本展覧会では、信尹と家?によって復興され、革新された宮廷文化の精華を体感できます。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|