脇田和の油絵|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

脇田和の油絵

ひとが美術館へ出かける理由の一つは、自分の心にひびく「作品」と出会うことへの期待です。脇田和(1908~2005年)の絵は、現代洋画壇で最高位の評価を得ています。優しい温もりのある色と形。独特な香気を放つ繊細なマチエール。
象徴化された詩情豊かな絵画世界。脇田和の「作品」は観るひとに人生の喜びや悲しみを、控えめで静かな形で語りかけてくれます。 軽井沢の駅近く、緑の木立のなかで待つ『脇田美術館』(油彩・素描・版画等約1,000点を収蔵)。画家の全貌をつたえる展示を会期中休みなく行っています。あなたのご期待に応える「作品」が必ず発見できることでしょう。
脇田和は、油彩、水彩、版画、写真など幅広い分野にわたるさまざまな技法を用いて独自の絵画世界を表現しました。これらの作品によく使われたのが "コラージュ"です。用いられる素材は、ドライフラワー、セロファン、布、和紙、切り抜き写真、地図やパズルなど、ふだん私たちの身の回りにあふれているものばかり。
それが脇田和の手を通って画面に現われると、思いがけない発見や楽しみ、ユーモアをたたえた洒脱な作品となって生まれ変わります。そのコラージュの技法を毎回用いて描いたのが『銀座百点』の表紙です。 『銀座百点』は1955年1月に創刊された小冊子。
表紙を担当するアーティストとしては、脇田和で6人目。1983年1月から2000年12月まで18年間の長期間にわたりじつに200点余ものコラージュによる表紙絵を描き続けました。脇田がコラージュにしようと考えたのは、「小型の雑誌なので、表紙には強いインパクトが必要」と思ったといいます。
本展示では、この表紙絵・原画をコラージュ技法が用いられた油彩作品と共に展示いたします。意表をつく素材のたのしみや発想のみずみずしさ。油彩画の魅力に加えて、脇田和の自由で多彩な個性をご覧いただければ幸いです。
脇田 和 展  心にひびく、鳥・花・子どもたちの風景 
主催 財団法人 脇田美術館 
開催期間2013年4月20日(土)~11月25日(月)展示替え等の臨時休館をのぞく毎日開館
・木のデザイン公募展2013 (1階展示室)   脇田和 買取
  • ひな鳥とひまわり脇田和
    ひな鳥とひまわり
  • 窓に来る鳩脇田和
    窓に来る鳩
  • 鳥と女脇田和
    鳥と女
2013年9月10日放送|開運 なんでも鑑定団「IN 埼玉県川越市」
脇田和の油絵「パン屋の子」
●脇田和の油絵「パン屋の子」
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\1,800,000
【鑑定士総評】
脇田和が80代のころ描かれた作品。依頼品には脇田芸術のエッセンスが全て詰まっている。中央に少年がいて様々なパンの種類で画面が構成されているが、非常に温かい童話的な作品。薄塗りだが軟らかい色彩感覚。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|