田村一男の油絵|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

田村一男の油絵

田村一男(たむらかずお・1904-1997)は、日本の自然を愛し生涯に渡って日本の山々を描き続けた画家。東京中野に生まれる。高等小学校卒業後、東京市電気局や新聞社に勤務。1924(大正13)年、洋風額縁の先駆者である長尾建吉(静岡出身)の磯谷商店に勤め、本郷絵画研究所で岡田三郎助に師事する。
同年、蓼科に旅して高原風景に感銘した。1928(昭和3)年第9回帝展に≪赤山の午後≫が初入選。1931(昭和6)年より光風会展に出品し、画家となることを決意する。1940(昭和15)年光風会会員。1942(昭和42)年昭和洋画奨励賞を受賞。
この頃から主として高原をモティーフに、日本の静穏な風土を油彩で描く試みが意識化されてくる。1946(昭和21)年≪高原初秋≫で第2回日展特選。1954-55(昭和29-30)年渡欧し、改めて日本の風土性を自覚。
懐かしみのある日本の風景を、情感をこめて体感的に再構成する独自の作風を展開していく。1963(昭和38)年、近年の高原連作に対し日本芸術院賞が与えられた。1969(昭和44)年日展理事。
1978(昭和53)年、師の没後40年を記念して『岡田三郎助作品図録』を編集し自費出版する。1980(昭和55)年芸術院会員、1992(平成4)年文化功労者に推挙された。
2014年5月20日放送|開運 なんでも鑑定団
田村一男の油絵
●田村一男の油絵
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\2,500,000
【鑑定士総評】
早春の信州の風景を描いたもの。特定の場所を描いてはいるものの、それは心象風景でもある。自分の思いを自然から受ける五感で描いている。大きなポイントは力強い稜線や尾根の輪郭線。このような表現は非常に難しく、平板になりがちだが、遠近感や奥行き、そして絵具の厚塗りによって自然の重厚感を描いている。ただし依頼品はかなりヒビが入ってしまっている
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|