瑛九のフォト・デッサン|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

瑛九のフォト・デッサン

フォト・デッサンと呼ばれる独自の手法で、日本の前衛美術の先駆となった瑛九(えいきゅう)は、明治44年(1911年)、宮崎市の眼科医杉田直の次男として生まれる。本名は杉田秀夫。父は俳人でもあった。
宮崎中学校(現大宮高校)に入学するが、14歳の時に中退して上京。東京の日本美術学校洋画科で油絵を学び始める。読書にも熱中して、さまざまな海外の美術研究で芸術に対する見識を深め、美術評論を書き始める。わずか16歳で美術誌『アトリエ』『みづゑ』などに投稿し、採用されたその評論は、とうてい十代半ばの若さとは思えない内容だった。
美術学校を2年で中退した後は写真に興味を持ち、19歳でオリエンタル写真学校に入学。一般的な写真技術の修得だけに終わらず、フォトグラムの研究も行い、実験的な制作を始めている。この時に光と印画紙を使った表現を知ったことが、後に発表するフォト・デッサンの基礎となった。
昭和7年(1932年)から本格的に油絵の制作を始め、帝展、二科展などの公募展に出品するがどれも落選。しかし、従来の手法に飽き足らない瑛九は、新しい表現方法を模索し始めていた。昭和11年(1936年)、印画紙を使った作品を携えて上京。
画家の長谷川三郎、美術評論家の外山卯三郎から絶賛される。それらの作品を「フォト・デッサン」と名付け、この作品集を『眠りの理由』として刊行。また瑛九と名乗り始めたのもこの頃だ。
「秀夫と言う名前はあまりに平凡、過去のカスがくっついていやだ」と言いだしたことから、外山の好きな「瑛」の字と長谷川の好きな「九」の字を合わせて「瑛九」となった。
瑛九のフォト・デッサンは、アメリカの画家、マン・レイらが印画紙の上に物を置き、直接光をあてて制作した「フォトグラム」と原理的には同じ技法だが、瑛九の場合、自らが切り抜いた型紙を使い、絵画性が強いという点で、フォトグラムと一線を画すものだった。
瑛九は創作活動にとどまらず、新しい美術運動の展開や団体の結成も行っている。枠や固定観念にとらわれない瑛九らしさを感じられる運動として、昭和26年(1951年)のデモクラート美術家協会の結成がある。
公募展の枠から離れて、自由と独立の精神で制作することを主張。瑛九の考えに共感して集まった芸術家の中には、池田満寿夫や靉嘔(あいおう)らがいた。
多種多様なジャンルの人材が集まっていたこの会も、7年後に解散。瑛九は点描を使った油彩画の制作に没頭し始める。これまでの表現技法の変遷は、ここに集約されるのかとも思えるような、まるで宇宙の広がりのような独特の抽象表現を確立していく。
しかし、昭和35年(1960年)病気であることも気付かず描き続けた作品を、個展で発表した数日後に48歳の若さで急逝。最後に描いていた作品は200号の「つばさ」という大作だった。瑛九 買取
2014年2月25日放送|開運 なんでも鑑定団「IN 静岡県西伊豆町」
瑛九の油絵
●瑛九の油絵
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\2,000,000
【鑑定士総評】
画面の左下に1957年と書いてあるが、ちょうどこのころから依頼品のような抽象画を集中して描くようになった。描かれているものは「光」。瑛九は光に大変関心を持ち、それをどのように表現するかという模索の過程で到達した作品といってよい。こういう絵はしっかりとした描写力と表現力がなければ形だけの軽い作品になってしまうが、依頼品には深みがある。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|