片岡球子の絵|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

片岡球子の絵

片岡の絵を愛する作家・瀬戸内寂聴さんらのインタビューを交え、エネルギーに満ちた表現がどのように生み出されていったのかを探る。 富士山を描く前、片岡は小学校の教員を務めながら,絵を展覧会に出品し続けた。
去年,103歳で世を去った日本画家、片岡球子。片岡は80年に渡って,描きたいという情熱に身をゆだね,思いのままに描き続けた。代表作,富士山のシリーズは,野太い線と激しい原色が強烈な印象を与える。
しかしアクの強い個性は"ゲテモノ"と呼ばれ落選を繰り返す。自殺まで考えた片岡を救ったのは画壇の重鎮、小林古径の言葉だった。「あなたの絵は確かにゲテモノだが、ゲテモノと本物は紙一重。あなたの絵を絶対に変えてはいけない」。
片岡は古径の言葉を支えに、生涯「描きたいものを描きたいように」という信念を貫いた。小学校の教え子で,神奈川県立近代美術館の山梨館長は、子供たちとの学校生活が、片岡の創作を支えていたという。さらに片岡は,子供たちとのふれあいの中で,子供の奔放な感性を絵に取り入れていた。 片岡球子 買取
  • 春待片岡球子
    春待
  • 花咲く目出度き赤富士片岡球子
    花咲く目出度き赤富士
  • 富士に献花:「めでたき富士」片岡球子
    富士に献花:「めでたき富士」
2012年5月15日放送 |開運 なんでも鑑定団「第17回ご長寿お宝鑑定大会」
片岡球子の絵
●片岡球子の絵
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\5,000,000
【鑑定士総評】
片岡を代表するテーマの一点と考えてよい。昭和40年前後から依頼品のような人形・童子を画題に描くようになった。普通の画家がこのような表現をすると軽くなりがちだが、非常に重厚で存在感がある。人形の可愛らしさのみならずユーモアまで感じさせる、片岡ならではの作品
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|