清宮質文のガラス絵|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

清宮質文のガラス絵

画家で版画家の清宮彬の長男として東京に生まれる。1937年(昭和12)年東京美術学校入学。藤島武二教室に入り4年から田辺至教室で学ぶ。1942(昭和17)年東京美術学校油画科卒業。
美術教師になる。1944(昭和19)年召集され、翌年復員し、再び美術教師を勤め、その後デザイン会社に勤務。1953(昭和28)年より画業に専念、木版画を中心に水彩画・ガラス絵を制作する。
1954(昭和29)年春陽会に初出品、初入選する。以後74(昭和49)年まで出品。1960(昭和35)年以後、個展を中心に新作を発表。1991(平成3)年逝去(73歳)。繊細なモチーフ。上品な画面。静謐な詩情。
木版画の詩人、清宮質文(東京生まれ、1917-91年)の作品は、見る人の心を遠い記憶の世界へと誘います。彼は小さな木版画の中に、無限に広がる心象風景と魂の歌を刻み込みました。
しかも一つ一つの作品は、例外なく清冽な詩情にみち、見る人の心を強く魅了する力を持っています。脇田和は、「清宮さんの作品は普通の版画とはちがう。筆のかわりに版を使って一枚ずつ描く絵なんだ」とのべており、それを聞いた清宮はひじょうに喜んだといいます。 清宮質文 買取
  • 清宮質文
    清宮質文
  • 清宮質文
    清宮質文
  • 清宮質文
    清宮質文
2010年11月9日放送|開運 なんでも鑑定団 「in 埼玉県毛呂山町」
清宮質文のガラス絵
●清宮質文のガラス絵
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\1,000,000
【鑑定士総評】
現在準備中近日公開
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|