海北友雪の山水図の家宝|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

海北友雪の山水図の家宝

寛永五年(1628)松平忠明が母(徳川亀姫)の菩提を弔うため,染南和尚を開山として創設したとつたえる。方丈の襖絵「山水図」四面は渡辺了慶の筆といわれ,他に片山尚景筆と思われる「山水図」八面を有する。
  「雲龍図」「瀟湘八景図」「山水図」「西湖図」など海北友雪(かいほうゆうせつ)の筆海北友雪は、春日局と縁があった海北友松(かいほうゆうしょう)の子なお境内墓地には謹皇志士佐久間象山の墓がある。「瀟湘八景(しょうしょうはっけい)・西湖図」、「山水図」の襖絵も海北友雪の筆になる。海北友松は謀反人として刑死して曝された斎藤利光の首を奪い返し葬った人であり、友雪はそれがゆえに春日局に引き立てられたという。日本画 買取
  他に家光から賜った「百椿図屏風(ひゃくちんずびょうぶ)」や局の愛顧の品も陳列されている。方丈の前庭はここの13世住職が作庭したといい、苔庭の枯山水庭園として、樹木、築山、石組みや燈籠が巧みに配されて、禅庭らしい姿を見せている。方丈横には懐かしい井戸ポンプが据えられていた。入り口のアプローチにある花頭窓の景色も美しい。
    370px-Flowers_by_Kaiho_Yusho[1].jpg
2013年5月14日放送|開運 なんでも鑑定団
ドームのアンティークランプ
●海北友雪 作 山水図
●鑑定士(安河内眞美)の出した金額:\50,000
【鑑定士総評】
東京国立博物館に所蔵されている作品の模作。本物は非常に漢画的な要素の強い作品で大変緻密だが、依頼品は稚拙。印も異なるが、時代はあるものと思われる。江戸後期くらいに描かれ、200年くらいは経ったもの。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|