歌舞伎を描いた油絵|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

歌舞伎を描いた油絵

西欧の美術を翻訳紹介するグローバルな視野を持ちながら、自らが住む東京の身近な風景や大衆の風俗をテーマに独創的なタッチで描いた洋画家、木村荘八の20年ぶりに開催される回顧展です。
明治26年、東京・日本橋のいろは牛肉店第八支店(東日本橋)に生まれた木村荘八は、中学卒業後、いろは牛肉店第十支店(浅草)の帳場を任されたものの文学や洋書に興味があり、明治44(1911)年、長兄の許しを得て画家を目指します。
葵橋洋画研究所(旧白馬会研究所)で岸田劉生(りゅうせい)に出会い、彼らとともにフュウザン会を結成。美術に関する翻訳や執筆を続けながら、洋画家として活躍しました。大正13(1924)年以降からは挿絵の仕事が増え、昭和12(1937)年に永井荷風の新聞連載『?東綺譚』の挿絵を担当。東京の下町風俗を情緒深く表現し、大衆の心をつかみます。
東京ステーションギャラリー会場では、荘八の代表作《パンの会》《牛肉店帳場》、《浅草寺の春》の油彩など約70点と、『?東綺譚』や『東京繁昌記』の挿絵原画などを中心に展示。活気あふれる当時の東京に絵を通じて出会えます。2013年3月23日(土) ~ 5月19日(日)
2013年4月9日放送 |開運 なんでも鑑定団「IN 横浜市戸塚区」
木村荘八の油絵
●木村荘八の油絵
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\600,000
【鑑定士総評】
1938年の春陽会への出品作。描かれているのは歌舞伎の一場面で、油絵の造型性をもって歌舞伎独特の濃密感や間合いを見事に表現している。右上に「吉右ヱ門」とあるが、描かれた役者の名であろう。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|