東郷青児の油絵の鑑定額|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

東郷青児の油絵の鑑定額

大正から昭和にかけて活躍した画家、東郷青児(とうごうせいじ)を紹介します。柔らかな曲線と穏やかな色調で多くの女性像を描き、ロマンチックな画風で絶大な人気を誇った戦後洋画界の巨人です。東郷青児は、10代でヨーロッパ前衛美術の洗礼を受け、フランスで最先端の動向に身を投じます。やがて、前衛的な理論を越えた、優美で親しみやすい独特のスタイルを確立しました。美術は多くの人々が楽しめるものであるべきとの思いから、誰もが美しいと感じる絵画を生み出していきました。本展覧会では、損保ジャパン東郷青児美術館の所蔵作品から、大正期・フランス留学時代より最晩年に至るまでを、選りすぐりの女性像48点で紹介いたします。
●東郷青児略歴
1897(明治30)鹿児島に生まれる。本名は鉄春。幼少時に東京に転居
1910(明治43)13歳 青児の雅号を用い始める
1915(大正 4)18歳 声楽家を目指すが受験に失敗。作曲家の山田耕筰の勧めで個展開催
1916(大正 5)19歳 画家の有島生馬の勧めで二科展に出品、二科賞受賞
1921(大正10)24歳 フランスに留学。1928年に帰国
1938(昭和13)41歳 前衛画家による〈九室会〉結成。藤田嗣治とともに顧問となる
1960(昭和35)63歳 日本芸術院会員となる
1961(昭和36)64歳 二科展(二科会)会長・理事となる
1976(昭和51)79歳 東郷青児美術館開設
1978(昭和53)二科展の開催のため訪れていた熊本で死去
  • 婦人像東郷青児
    婦人像
  • 城と女東郷青児
    城と女
  • きもの東郷青児
    きもの
2013年3月12日放送|開運 なんでも鑑定団
東郷青児の油絵
●東郷青児の油絵
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\4,000,000
【鑑定士総評】
昭和13年、東郷41歳の時の油絵。傷みが激しく、状態が良ければ倍の評価がつく。妻のみつ子を描いたもので、妻をモデルにした作品は実はこの頃だけ。前衛的な表現から美人画に展開する過渡期の作品で、こうした作風の作品はきわめて少ない。パリで学んだキュビスム的な手法と、日本人としてシンプルに装飾的に描こうという表現が見てとれる。小津安二郎監督の映画『お茶漬けの味』に小道具として使われた絵に間違いない。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|