徳田八十吉彫刻の達磨像|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

徳田八十吉彫刻の達磨像

 初代徳田八十吉は、明治6(1873)年小松町字大文字町に、染色業を営む添田伊助の長男として生まれた。少年時代家業の染色を手伝い、日本画を初め荒木探今に、のち山本永峰に習った。
その後、松雲堂松本佐平のもとで九谷焼絵付を修業する。基礎を学んだのち特に九谷焼の顔料粕薬の研究につとめ、占九谷風、吉田屋風、粟生屋風の色絵と独自の深摩粕を作るに至った。昭和27年九谷焼上絵付の技術で、国の無形文化財に選定された。昭和31年2月20日、80歳で没する。門下から浚蔵五十吉、2代八十吉、3代八十吉ら多数の作家が育った。
九谷の上絵釉薬の研究第一人者。深厚釉と命名した釉薬は独特の世界である。門下に初代浅蔵五十吉など優れた人材を輩出した。 八十吉が人生をかけて再現した五彩。現代の九谷焼に残してくれた宝物だと言えるでしょう。
ガラス質の緑釉を通して骨描きが透けて見えることで、緑釉がまるで深い海のように感じられます。骨描きのわずかなにじみも、水面の揺らぎのような効果を生みます。九谷焼の特徴である厚く盛り上げられた色は、骨描きによって生かされます。古九谷の美しさの、秘密の一端と言えるでしょう。骨董 買取
一方で八十吉の色見本は、新たな表現の出発点も示しています。すぐに思い出すのは、初代や二代八十吉が使った深厚釉です。骨描きをあえて施さず、色のむらを生かして伝統とは離れたスタイルの作品が生み出されました。
  • 燿彩鉢 芽生徳田八十吉
    燿彩鉢 芽生
  • 燿彩 香炉徳田八十吉
    燿彩 香炉
  • 耀彩 花生徳田八十吉
    耀彩 花生
徳田八十吉は徳利や杯を主に作っていて、焼物の彫刻はまったく作っていない。鑑定士中島は「おそらく大スポンサーが居て、その人が達磨を作ってくれと言ったんで作ったんでしょう」と推測した。 徳田八十吉 買取
2012年9月18日放送 |開運 なんでも鑑定団「IN 愛知県長久手市」
初代 徳田八十吉の達磨像
●初代 徳田八十吉の達磨像
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\2,000,000
【鑑定士総評】
初代の作品に間違いない。普通の達磨像は目がギョロッとしているだけだが、依頼品はそこに人間性が感じられていい仕事をしている。初代徳田八十吉は皿などを主に作り、こうした彫刻の類はほとんど作っていない。おそらく大スポンサーの依頼で作られたのではないか。八十吉の作品で達磨はこれ一点と言っていい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|