彫刻の時代の全盛期が位置づけを困難にした|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

彫刻の時代の全盛期が位置づけを困難にした

中村直人(1905~1981)は、第二次世界大戦後のパリにおいて、揉み紙にグワッシュで描いた特異な絵画作品により絶大な人気を博し、1964(昭和39)年に日本へ帰国後は、二科会を中心に活躍した画家としてよく知られています。しかし、渡仏以前の直人が、新進気鋭の彫刻家として注目されていた存在であったことについては、現在、どれだけ知られているでしょうか。
長野県小県郡神川村(現在の上田市)に生まれた中村直人は、木彫家・吉田白嶺に師事したのち、農民美術運動にも関わりながら、昭和初期の再興院展において、辻晉堂などと並ぶ新世代の彫刻家として活躍します。1937(昭和12)年に日中戦争が勃発すると、彫刻家としては初めての従軍作家として中国へ向かい、日本美術院の研究所で小杉放菴からデッサンを学んだ経験をもとに、日本兵たちの行軍の様子や中国の風物を巧みに描き出していきました。 中村 直人 買取 
その後、終戦にいたるまでのあいだに、陸軍省や海軍省の外郭団体が主催する美術展覧会へ、九軍神や山本五十六に代表される軍人像、防人や吉田松陰のような歴史上の人物、≪草薙剣≫といった日本の神話、新たに従軍したラバウルの風俗などを題材とした、ナショナリスティックな作品を発表していきます。
それらの作品が、当時、いかに注目を集めていたかは、数少ない「作戦記録彫塑」を海軍省から依嘱されたこと、終戦後に現れた美術団体によって戦争責任を問うべき美術家のリストが作成されたとき、藤田嗣治や横山大観らと並んで、彫刻家としてはただ一人、中村直人の名前が挙げられたことからも明らかです。骨董 買取 
彫刻の時代"の全盛期を戦中期にむかえてしまったことが、直人の彫刻の位置づけをこれまで難しいものにしてきた一因であったといえるでしょう。1952(昭和27)年、直人は友人の藤田嗣治を頼って、一家でフランスへ渡り、画家としての道を歩みはじめました。彫刻 買取 
2012年12月18日放送|開運 なんでも鑑定団
中村直人 作 大原女の木彫
●2011年11月15日放送
●鑑定士(勝見充男)の出した金額:\120,000
【鑑定士総評】
近年、戦中期の美術を再検証する展覧会や出版が相次ぎ、また日本の近代彫刻史の研究も進んでいる状況のなかで、中村直人は、これまで十分に検証される機会のなかった存在でした。本人が作った作品で間違いないと思います。貴重なものを持たれています。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|