平野富山作彩色木彫2点|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

平野富山作彩色木彫2点

突然ですが、平野富山(ひらのふざん 1911~89)という作家をご存じでしょうか。展覧会を毎回欠かさずチェックして下さっている貴方なら、ピン、と来て下さっているはず。
そうです、当館の昨年度末に開催した「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展の後期展示にて紹介した、旧清水市江尻出身の彩色木彫家です。彩色木彫"という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、言葉どおり、木彫に日本画と同様の技法を使って彩色した像のこと。
富山は、この"彩色木彫"という伝統的な日本の彫刻を現代に甦らせた、重要な作家です。そして、富山の真骨頂は、木彫に施された彩色。
ため息が出るような、緻密で美しい文様に圧倒されます。衣裳のたわみに沿って、実に見事につじつまが合っています。そう、衣裳を本物と見間違えてしまうのは、木彫技術の正確さに加え、この素晴らしい彩色に理由があるのです。
彩色木彫に取り組む傍ら、日展の彫塑部門に塑像を毎年出品し、最終的には日展の評議員にまでなった方。その才能は専門家にも高く評価されています。
その他、富山が収集した膨大な作品群より、富山が師と仰いだ2人の作家の作品も紹介しています。 まずは17才の若き富山が単身上京し、弟子入りした人形師、池野哲仙(いけのてっせん)の作品。こちらは、平成元年に寄贈を受けてから、久々の公開となります。平野富山 買取
※昨年リストラにあい現在就職活動中の板橋さん。10年前に姪達と江ノ島に遊びに行った際に、姪に鎌倉観光もしたいと言われ街を散策すると、一軒の骨董屋を見つけた。ショーケースに飾ってあったお宝が気に入り店に入ると、店主から美術年鑑に載っている有名な彫刻家の作品だと説明され定価18万円だったが少しまけてもらい16万5000円購入した。
その後、近所の骨董屋で同じ彫刻家の作品を偶然見つけ『これも何かの縁では...』とこちらも28万円で購入したが、長年しまい込んだままになっていた。現在収入が無く困っているので、有名な彫刻家の作品なら価値が上がっているのでは?...とこのお宝の価値に期待している。しかし長年ほったらかしだったので一体はカビが生えてしまった。
  • 大黒天平野富山
    大黒天
  • 毘沙門天平野富山
    毘沙門天
  • 恵比寿平野富山
    恵比寿
2011年4月19日放送|開運 なんでも鑑定団
平野富山作 彩色木彫2点
●平野富山作 彩色木彫2点
●鑑定士(大熊敏之)の出した金額:\3,300,000
【鑑定士総評】
「神馬」の方は完璧なコンディションであれば350万円くらい。残念なことに全身がカビてしまっており、最高に評価しても140万円。千利休坐像の方は大変良い物(190万)。平野は同じモデルの作品を40~50体作ったが、完璧なコンディションで残っているものは少ない。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|